災害ボランティアってどんな活動?

大震災
地震や火災、台風などの洪水。自然災害は誰にとっても他人事ではありません。
地震、台風などによる水害、火山の噴火などの自然災害が起こると「何かできることはないだろうか」といった気持ちがかき立てられます。その気持ちに従って行動に移すこと、それが災害ボランティアです。

もちろん、災害が起きた場所に行くことは危険が伴う行為です。無防備に参加できるものではありません。災害ボランティアとはどんな活動か、気をつけたいことや心がけ、必要なことなどをまとめました。

現地で支援活動をするには、まずは情報収集

災害が起きた現地では被災した人のサポート、炊き出し、援助物資の仕分け・配送、被災地での清掃、復旧作業など、多くの人手を必要としています。でも、勝手に動いてしまっては、返って迷惑になりかねません。どこでどういうボランティアを必要としているかの情報を得ることから始めましょう。

情報は、各地の役所や、ボランティアセンター、災害対策本部などに集約していますので、インターネットで調べ、ボランティア募集の有無、現地での集合場所、受付窓口、活動内容、準備するもの、持ち物などを確認しましょう。電話等が可能なら不明点は問いあわせるといいでしょう。

災害直後は被害の全体像がつかみきれず、また、二次災害に巻き込まれる危険が残っていることなどを理由に、ボランティアを受け入れていない場合も少なくありませんが、状況は、随時変わっていきます。時間が経つに連れ、被害状況が把握でき、避難所のニーズも明確化し、ボランティアの募集も本格的になってきます。


動きやすい服装と、自分の食料や宿泊を確保して参加

避難所
学校や地域センターは緊急避難所として使われます。ここもボランティアの活動の場。プライバシーがない分、被災した人たちの心理的な負担も大きいことを忘れてはいけません
事前の準備や用意するものは、災害の種類や、季節、地域によっても異なります。急病やケガに注意し、動きやすい服装で出向くことが基本です。

〔用意するもの〕
季節を問わず、長袖、長ズボン長靴、着替え、帽子(もしくはヘルメット)、マスク(可能なら防塵マスク)、ゴム手袋(厚手で長め)、ゴーグル、タオル、カッパ(雨具)、うがい薬や目薬、応急セット、虫除けスプレー、自分の分の飲み物(お茶やミネラルウォーター)と食料(お弁当)、ウエストポーチや、ミニリュック(貴重品を入れて移動するために)、名札(活動中に名前や所属がわかるように)など。

交通手段、宿泊施設の確保は自分で行わなければなりません。災害直後は、遠方からのボランティアを受け付けていないことも多くありますので、宿泊や交通手段が確保できない場合は、ボランティアへ出向くことはできません。

また、被災直後に現地に車で乗り入れると救急車両などの邪魔にになることもありますので、自家用車は避けたほうがいいでしょう。ボランティアバスなどがあればそちらを利用しましょう。

必ず、ボランティア保険に加入しましょう

参加する前には、必ず、ボランティア保険に加入しましょう。活動中の事故によるケガや損害賠償責任、活動場所と自宅との往復途上の事故、食中毒や感染症などが補償の対象となります。住んでいる地域の社会福祉協議会で加入できます。補償期間は1年間ですが、4月1日から3月31日の年度単位です。年度の途中で加入しても有効期間は3月31日までになります。

また、この保険は、年度内に日本国内で参加するすべてのボランティア活動(一部補償の対象外の活動もあります)が補償の対象です。被災地でのボランティアの際にボランティア保険に加入した人が、都内で別の団体のボランティア活動に参加する際でも、年度内であれば補償の対象になります。


現地の状況、被災者の心情を考えた行動を!

現地では、それぞれで活動している団体の指示に従い、現地の状況や自分の活動内容、役割分担の説明を受けてから活動をしましょう。

被害を受けた人は、心に傷を負っていることもありますし、避難所の生活に疲れてもいます。そういった気持ちを尊重して活動に臨みましょう。どんなボランティアでも同じですが、「~してあげる」という上から目線での行動はNGです。

また、無理をしないことも大切です。復旧作業の妨げになること、自分が危険にさらされるようなこと、被災した人の迷惑になるようなことをしないように行動しましょう。

次ページは、被災地に行けない人でもできる支援の情報です