ピンクリボンから広がるリボン運動

ピンクリボン

リボン運動の代表「ピンクリボン」

乳ガンの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるシンボルマーク、ピンクリボン。毎年、10月にはピンクリボンキャンペーンが展開され、東京タワーがピンクでライトアップされるなど、さまざまなイベントなどが行われているので、目にした方も多いのではないでしょうか?

2017年に乳がんでこの世を去った小林麻央さんに関するニュースで、改めてピンクリボンを知ったという方も多いかもしれませんね。

リボンの総称は「アウェアネスリボン(Awareness ribbon)」

啓発活動や支援の意志を示すために身に付けるリボンを「アウェアネスリボン(Awareness ribbon)」と呼びます。直訳すると「気づきのリボン」「認識のリボン」といったところでしょうか。

リボンを輪にして折り、ピンで留めるのが基本スタイル。訴える課題によってリボンの色が変わり、それぞれにメッセージがあります。

そしてこれらのリボンを身につけたり、ブログやSNSで発信することを、「リボン運動」と呼びます。ピンクのほかにも、エイズの啓発ならレッドリボン。子どもの虐待防止はオレンジリボンなど、リボン運動は多様な広がりを見せています。

ボランティアというと、実際の行動をイメージされる方も多いことでしょう。でもボランティアで大切なことは、まずは正しく知ること。そして、それを周囲の人に伝えることも、大切な「ボランティア活動」なのです。

ピンクリボンのように大きなムーブメントになっているものもあれば、「それは何を訴えるリボン?」と聞かないとわからないものも。

リボンの色別に代表的なものをまとめ、色に託された意味とあわせて解説します。

まずは、毎年とても盛り上がるピンクリボンからです。

「ピンクリボン」、女性ならば人ごとではない

ピンクリボン
 
乳ガンの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるシンボルマークとして知られるピンクリボン。元々は1980年代のアメリカで、乳ガンで家族を失った人たちが「このような悲劇が繰り返されないように」との願いを込めて作ったリボンからスタートしました。

1991年の秋には、カリフォルニア州で乳ガン撲滅に取り組むスーザン・G・コーメン乳ガン基金(Susan G. Komen Breast Cancer Foundation)が、5kmのマラソン&ウォーク「レースフォーザキュア」を開催。参加者にピンク色のリボンを配り、これがピンクリボン運動としての最初の活動とされています。

このとき参考にしたのは、当時NYのアーティストたちが付け始めたエイズの「レッドリボン」でした。ピンクは女性らしい色の代表。女性なら誰にとっても人ごとではない病気だから、女性のシンボルとしてのピンクが選ばれたそうです。

長年、企業やマスコミ、NPOが連携して大々的なキャンペーンを繰り広げていることもあり、「ピンクリボンといえば乳ガンの啓発活動」として広く知られるようになりました。

その背景には、日本の乳ガン患者が年々増加していることがあります。乳ガンと診断された人の数は2005年に5万695人だったのが、2012年には7万3997人となっています。日本女性の12人に1人という確率です。欧米に比べ、子育て中や働き盛りの50歳以下の比率が高いという特徴もあります。

ガンは不治の病ではありません。早期に発見し、治療をすれば生存率が上がり、治癒することもできます。ピンクリボン運動は乳ガン患者を理解・支援するためだけではなく、乳ガンを知り、きちんと検査をし、早期発見し、適切な治療を受けることの大切さをより多くの人に知ってもらうための活動なのです。

「レッドリボン」、エイズで命を落とした仲間たちへの追悼

レッドリボン
 
レッドリボンは、エイズ患者を差別せず、共に生き、応援していく意志を表しています。リボン運動では最も歴史があり、先駆けともいえる存在です。

もともとヨーロッパでは病気や事故で若くして亡くなった人たちへの哀悼を表す意味でレッドリボンを付ける古い風習があったそうです。それが、1980年代の終わり頃からNYでエイズに倒れるアーティストたちが増え、社会問題となりました。

そのことを悼んだ志を同じくするアーティストたちが、道半ばにして倒れた仲間たちへの追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意志を示すために赤いリボンを付けるようになったことが運動のきっかけです。その考えに共感した人たちの輪が広がり、レッドリボンをシンボルとした世界的な運動として定着していきました。

次ページはオレンジ、グリーン、ブルーといえば?