おしゃれをして、街掃除に行こう!

集合写真
まずは恵比寿像の前で記念写真。
街掃除というと、どんな活動を思い浮かべますか? 子ども会、自治会といった地域活動といったところでしょうか。正直言って“おしゃれ~”なイメージはありませんよね。

でも、その街掃除に「おしゃれして来てくださ~い!」と呼びかけ、20代、30代を中心に、多くの人が参加している団体があります。それがグリーンバードです。

「ゴミのポイ捨てカッコ悪いぜ!」をキャッチフレーズに表参道や下北沢、渋谷などで街掃除を行っています。コンセプトは「きれいな街は人の心もきれいにする」です。2002年10月から活動を始め、鎌倉や福岡などにも広がっています。

特別企画!エビシブコラボ掃除

グリーンバード参加者1
グリーンバードの活動には20代、30代を中心にたくさんの人が参加しています。この日は日本語学校に通う外国人の姿もありました。「ボランティア大好き!」とうれしそうでした。
人気の秘密はどこに? を探るべく、恵比寿で行われたグリーンバード渋谷チームの街掃除を取材させていただきました。通常は渋谷で活動していますが、今回、恵比寿で活動するNPO Reflection Projectと共同での“エビシブコラボ掃除”です。

ちなみに、恵比寿といえば、なんといっても、All About本社のある街です。社の皆様を代表してガイドが掃除してきました!(イヤ、取材だけですが)渋谷よりは大人の雰囲気が漂う恵比寿。さてさてどんなゴミがあるのでしょうか。

参加者なんと50名!

グリーンバード掃除1
大きなトングでゴミをつまみ、可燃・不燃の袋にそれぞれ入れていくのが基本スタイル。
当日、待ち合わせ場所の恵比寿駅の恵比寿像前に行くと、たくさんの人が集まっていました。数にして50名くらい。まずはその数にビックリ!です。参加者は、学生や会社員、フリーターなど様々でしたが、多くは、mixiの専用コミュニティやサイトなどで情報を得て来ているとのことでした。

参加者は、家が近い、職場が近い、好きな街といった渋谷や恵比寿に関わりや思い入れのある方もいましたが、活動に関心があるので街はどこでも良かったという方も多いようです。社員のボランティア活動としてグリーンバードの活動への参加を推奨している企業もあるとのことで、渋谷区のとある企業の方も参加していました。

集まった参加者にジャケットと手袋、ゴミ袋が渡され、いくつかの注意事項が伝えられると、記念写真をぱちり。いよいよ街掃除へ出発です!

恵比寿のまちにはどんなゴミが?は次ページで!