前回記事でご紹介したカーブスが実施するフードドライブで集まった食品は、ホームレスの支援団体や、パートナーからのDVを受けた女性たちの駆け込み寺である民間のシェルター、高齢者介護施設、児童養護施設などに寄付されます。

寄付を受ける団体の1つである聖フランシスコ子供寮を取材させていただきました。記事で紹介した大森北口店で集まった食品は、こちらに届けられる予定です。児童養護施設とはどんな施設なのかをご紹介します。

心に深い傷を負った子どもたちに家庭の温かさを

入り口
聖フランシスコ子供寮はカトリック精神を元に子どもたちの養育し、自立を支援しています。
児童養護施設とはどんな施設なのでしょうか? ここは、保護者がいないあるいは何らかの理由で養育できない2歳から18歳までの子どもたちを養育し、自立支援を目的とする施設です。2歳未満の子どもたちは乳児院に預けられます。

親を失った子どもが身を寄せる孤児院のイメージが強いかもしれません。しかし、むしろ、現代は、身よりのない子は少数派で、保護者がなんらかの理由で育てられない、両親が育児を放棄した、そしてひどい虐待を受けてきたことなどで保護されたといった子どもたちが圧倒的に多くなっています。

そのため、愛情に飢え、心に大きな傷を負っています。そういった子どもたちが家族の温かさを感じ、人を信頼できる気持ちを育むことができるように、一般の家庭に代わる生活の場としての環境を作り、養育しています。

一般の家庭と同じ生活の場を

外観
施設の外観は、一見普通の集合住宅と変わりません
東京、大田区の聖フランシスコ子供寮には50名の子どもたちが生活しています。マンションタイプの寮で、1部屋に5人の子どもたちが職員の先生3人と暮らすのが基本です。年齢の高い中学生や高校生には個室が用意されることもあります。

部屋には、玄関があり、洗面所やお風呂場があり、台所があり、リビングがありと、通常のマンションの間取りとさほど変わりません。3畳程度でしたが、子どもたち1人ひとりの個室もありました。

食事は、各部屋で栄養士が決めた献立を先生たちが手作りし、一緒に食卓を囲みます。入浴も洗濯もすべて個別の部屋で行います。南向きにベランダがあるため日当たりも良く、芝生の庭が広がり、ここが施設といわれる場所であることを忘れてしまいそうでした。

日々の生活にも、細かい規則や、守らなければならない集団生活のルールもありません。子どもたちが社会に出て必要な常識的なことはもちろん伝えていきますが、必要以上の規則で縛ったりはしないそうです。

もちろん、こちらは全国から視察が来るほどの先進的な施設なので、児童養護施設の中でもかなり恵まれた環境が整えられているところでしょう。でも、中の様子は違ってもどこの施設も、家庭に代わる生活の場として、子どもたちが安心して過ごせるような環境作りに重点が置かれています。

次のページは、子どもたちの心のケアについて