水田とそのそばにある里山と共に、農村社会が育まれてきました。その里山を再生させることは農村の復興にもつながります

水田とそのそばにある里山と共に、農村社会が育まれてきました。その里山を再生させることは農村の復興にもつながります

健康な森を育てる森林ボランティア

森林ボランティアの活動の場はもちろん森林、そして山です。この場合の山は、標高何メートルといった文字通りの山だけではなく、集落や人里に接し、地域の人たちが生活の上で利用しながら維持されてきた里山も含まれます。森林ボランティアは山や森林を舞台に森を作り、育てる活動です。

そう書くと、“植林をして緑を増やす”活動を思い浮かべるかもしれませんね。もちろん、植林で森づくりをするのも森林ボランティア活動の1つです。でも、今、必要とされているのが、木を伐って山を整備し、森を健康にする活動です。

整備を通じて、森林に生きる多様な動植物を観察をしたり、、森林の役割を考えたり、山登りだけでは見えにくい森の現状や林業の将来などを考える機会にもなります。