おせち料理の煮物

カテゴリー:おせち煮しめ

 

根菜と鶏手羽元の炒め煮

お正月のお客様のおもてなしは、おせち料理。でも年末はなにかと忙しいですね。そんなときは定番の煮物を少しアレンジしてつくることをおすすめします。たとえば人参を梅型に切り抜いたり、鶏の手羽元にしっかりと下味をつけて中華風にしてみたり……。盛り付けも松葉や南天を使ってお正月の演出を楽しみましょう♪

根菜やさいと鶏手羽元の炒め煮の材料(4人分

根菜野菜と鶏手羽元の炒め煮の材料
鶏手羽元 500g
里芋 350g
れんこん 100g
にんじん 100g
さやえんどう 300g
ぎんなん (缶詰)20粒ほど
ごま油 大さじ2
400ml
鶏ガラスープの素 小さじ2
紹興酒 大さじ2
醤油 大さじ2
オイスターソース 大さじ2
鶏の下味の材料
醤油 大さじ1
紹興酒 大さじ1

根菜やさいと鶏手羽元の炒め煮の作り方・手順

根菜野菜と鶏手羽元の炒め煮の作り方

1:

ボウルに醤油と紹興酒を各大さじ1ずつ鶏手羽元にふりかけ、20分ほどおき、下味をつけます。その間に、野菜の下ごしらえをします。

2:

里芋は皮をむき、塩小さじ1をふりかけ塩もみをし、ぬめりを取り洗い流します。小さめの一口サイズに切り分けます。

3:

蓮根は5mm厚に切り、皮をむき水にさらしておきます。人参も5mm厚に切り、梅型で抜きます。絹さやは塩を加えた湯でさっと茹で冷ましておきます。

4:

中華なべを強火で熱してごま油を入れます。煙が出はじめるまで熱したら、下味が付いた鶏手羽元を炒めしっかりと焼き色を付けます。

5:

里芋、蓮根、人参も加えさっと炒めます。

6:

次に水、鶏がらスープの素、醤油、紹興酒、オイスターソースを加え煮立てます。

7:

アクが出てきたら、ていねいに取り除きます。落し蓋をして里芋が柔らかくなるまで10~15分ほど煮ます。

8:

煮汁が少なくなってきたら銀杏を加えて、5分ほど煮たら火を止めます。

9:

大皿に中高に盛りつけ、人参や銀杏、絹さやをアクセントに彩りよく盛り付けます。

ガイドのワンポイントアドバイス

鶏肉にしっかり下味を付けること。絹さやは塩を一つまみした湯でさっと茹で、冷水にとり鮮やかな色に仕上げます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。