緊張と不安の「夫の実家訪問」。帰省シーズンを前に、マナー&好感の持たれるコツをご覧になっておいてください。ポイントはしっかり押さえ、あとは自然体で過ごせるようになれば、実家訪問もそんなに苦ではなくなるはず、です!
 

義実家への手土産の選び方

ソファに座りっぱなしでは、ただの“お客様”になってしまいます

ソファに座りっぱなしでは、ただの“お客様”になってしまいます

お盆と暮の手みやげに、頭を悩ませている方も多いようです。話題のもの、お好きそうなもの、みんなでいただけるもの……どのようなものであれ、「なぜそれを選んだか」という理由が大切です!

「お母さまがお好きそうかと思って……」
「こちら、地元でとても人気がある○○なんです。ぜひ召し上がっていただきたくて……」
「塩分を控えてらっしゃるお父さんによろしいかな、と思いまして」
「以前、人からいただいてとてもおいしかったので…… 召し上がってみてください」

さあ、今年の帰省時にお持ちする手みやげの理由は決まりましたか? そして、ぜひそれを言葉にして、お義父さまやお義母さまにお伝えくださいね。
 

義実家へ帰省するときの服装

何日間も滞在する帰省。行き帰りはまだしも、滞在中ずっと“よそ行きスタイル”では、「お手伝いは御免です!」と言っているようなもの。

お料理や後片付け、お掃除など、絶対に頼めないであろう上質なシルクのブラウスやお洒落なワンピースは、避けた方が賢明です。また、立ち座りや動きが窮屈そうなタイトスカートも、「○○さん、ちょっとこれ動かしてくださる?」といった言葉がかけづらいでしょう。もちろん、ミニスカートも身体を使うお手伝いは頼みにくいですね。

このように、すっかり“お客様気分”に見えてしまう装いは、反感を買うことも予想される、と心得ておきましょう。

義実家へ手土産の渡し方

■風呂敷
「1年に1回か2回のことだから、きちんとお渡ししたい」という方は、風呂敷に包んでお持ちしてはいかがでしょうか? スマートにほどいてお渡しできるよう、練習をなさってみて。 包み方を詳しく知りたい方は「粋に使いこなす、風呂敷の包み方と渡し方」をどうぞ。

■ 紙袋
一般的には紙袋などに入れてお持ちすると思いますが、お渡しする時は紙袋から出します。「手土産の渡し方マナー」の記事もぜひ参考にしてください。


どちらも、上記の例を参考に、「なぜ、これを選んだか」という理由と共にお渡ししましょう。