どうする?教育資金不足 

進学の必要性をしっかり見極めることも大事です

進学の必要性をしっかり見極めることも大事です

目前に進学が迫っているのに、教育資金の準備が十分にできていない。あるいは、家計が苦しくて学費どころではない……。でも子どもは進学を希望している。そんな時はどうしたらいいのでしょう?

それでも息子や娘が進学を希望したら、あなたはどうしますか? 「自分でどうにかしなさい」、そう言って突き放せる親は、日本ではまだまだ少数派かもしれません。「何とかして希望を叶えてあげたい」と考える親がまだ多いのではないでしょうか。一方で、「教育資金が足りなければ教育ローンを借りればいい」という時代でないことは、そろそろ多くの親が気づき始めていることでしょう。

ではどうしたらいいのでしょう? 相談業務の中でもまれに受けることがありますが、最近は、解決のステップを次のように5つに分けて考えています。
  1. 本当に必要な進学か考えてみる
  2. 「学費」を抑える方法を考える
  3. すでに準備してある教育資金を確認
  4. 奨学金の利用を検討
  5. 必要なら教育ローンを検討する

では早速、ステップ1から確認してみましょう。

ステップ1:本当に必要な進学か考えてみる

大学を出るだけで就職できる時代ではなくなっています。むしろ大学で何を学ぶかが大事になっているようです。そもそもやりたいことや目的が明確で、本当に進学を望んでいるのかも確認しましょう。

「大学を卒業しても8人に1人は就職できない!?」の記事にあるように、2016年5月時点で見ると、大学卒業約56万人中、「正規の職員等でない者」「一時的な仕事に就いた者」「進学も就職もしていない者」を合算すると約6万人いて、卒業者に占める割合は10.6%。8人に1人が不安定雇用かニートとなっています(文部科学省「学校基本調査」)。
就職先も大企業は狭き門で、就職率が上がったのは中小企業への就職が増えたもの。一方で、ブラック企業も問題になっています。

最近は就職率100%と言われる、医療・看護系の人気が急上昇しているように、場合によっては、専門学校で技能を身につけ、資格を取ったほうが、希望の職種などへの近道になることもあります。大学は就職のためだけに行くところではないという意見もありますが、いずれにしても一度、お子さんとじっくり話し合ってみましょう。

次ページはステップ2・3・4について>>