日本学生支援機構には「予約奨学金」という制度があります。その概要を押さえておきましょう。「借りるかも」というときは、とにかく高3の春に申込みましょう!

予約奨学金とは?

予約

奨学金は高校3年で予約を!

大学や短大、専修学校専門課程に進学を希望する学生に、進学前にあらかじめ奨学金の貸与を約束する制度が予約奨学金です。

大学に進学後の経済的負担を軽減し、安心して勉学に取り組めるように支援するためのものです。今どきは半数の大学生が何らかの奨学金を利用して大学に通う時代で、特に事前に予約ができる奨学金は重要になっています。

ここでは日本学生支援機構の予約奨学金に絞って見ていきましょう。
まず知っておくべきポイントを整理すると、下記の通りです。

<ポイント>
・高校3年時に予約候補者を決定するので、進学後の経済的な心配がなく受験に集中できる。
・手続きは高校を通じて行う。
・大学進学後5月中旬に口座に振込まれる(入学時には間に合わない)。
・2浪までは卒業した高校を通じて申し込む。
・給付型、無利子の「第一種」、有利子の「第二種」がある。

募集時期等は?

予約奨学金の募集は、次のように3回行われます。
第1回:4~6月頃   給付型、第一種、第二種
第2回:9~10月頃   第二種
第3回:11~12月頃  第二種

結果の採否通知が出るのは次の時期。
第1回:9月頃
第2回:12月頃
第3回:3月頃

申込資格

高校から大学へ進学する希望を持っている学生で、次の項目に当てはまることが必要です。

<1>翌3月末に高等学校を卒業予定であること。
<2>高校卒業後2年以内であること。
(2浪生まで。大学へ入学したことのある人は除きます)