奨学金制度とはどんなもの?

奨学金制度の概要をまずはつかもう

        奨学金制度の概要をまずはつかもう

奨学金制度は、学習意欲のある学生に対し、学費や生活費を給付または貸与することにより、経済的負担を軽減するための制度です。

「給付」される奨学金は、支給された奨学金を返還する必要がありませんが、「貸与」された奨学金は、一定期間内に返還しなければなりません。

貸与型の奨学金の代表的なものに、日本学生支援機構の奨学金制度があります。高等学校(中等教育学校の後期課程、特別支援学校の高等部を含む)に対する奨学金事業は各都道府県に業務が移管されています。

2017年度から高等教育(大学・専門学校)時代の給付型奨学金が一部スタートし、2018年度から本格スタートとなります。

大学では給付型の奨学金が増加

最近は、「給付型」で返済不要の奨学金も増える傾向にあります。特に大学は、少子化が進む中、少しでもよい学生を集めたいと、独自に給付型の奨学金を充実させる傾向にあります。

また、受験前に申し込んでおいて、合格すると奨学金の給付も決まる、「予約給付型」の奨学金にも注目が集まっています。資金的に厳しい学生にとっては、ありがたい奨学金といえます。

>>次ページ以降は各種奨学金制度について