積立保険はお金の運用方法として有利?

積立保険とは?

積立保険とは?

長期間低金利が続く状況で、お金の預け入れ先に悩む人も多いでしょう。特に安定的に資金を殖やしたい人にとって今はなかなか難しい状況です。

生命保険会社でも一時払い終身保険を売り止め、2017年4月の予定利率の引き下げなど預貯金や保険でお金を貯めようとする人には選択肢が狭まっています。

保険でお金を貯めるときの選択肢となるのが積立保険

積立保険と言っても、満期返戻金のあるもの、解約して積み立てた分以上のお金が戻るものなど、生損保交えて種類もさまざまです。積立保険は「貯蓄性が高いタイプの保険の総称」と考えるほうが分かりやすいでしょう。

損害保険では、火災保険や傷害保険にも積立型はあります。生命保険なら、終身保険などが代表的な商品です。他にも学資保険もその一つです。

積立保険とは何か、損か得なのか、どのように使えばいいのかを考えてみましょう。

積立保険とは何か?

積立保険について忘れてはならないのは、そもそも積み立てだろうが掛け捨てだろうが「保険」であるということです。保険である以上、保障(もしくは補償)が必ずあります。

つまり、その保障を受ける分は保障保険料として支払わなければならないということです。運用利率が高いときは、保障があっても掛金を支払った以上のものを受け取れるものもあります。逆に、利率が低いときには当然不利です。

お金が戻ってくるものの、保険が預貯金とは根本的に違うのがここです。

貯蓄性と補償性のどちらを重視するかによって、積立保険の商品選択が変わってきます。