あからさまに貯蓄型の保険を否定する専門家には注意!

保険と貯蓄を分けようというのがファイナンシャルプランナーの世界では常識です。雑誌などの見直し事例をみても、保険料を抑える、保障と貯蓄は分けるといった理由で解約を勧める専門家が多いようです。
しかし、本当に解約したほうが良いのでしょうか?ひとつの考え方をお伝えしましょう。

解約する前に考えてください

相談に来る方の生命保険見直しの歴史を見ていると良く見かけるのが、養老保険や個人年金保険の早期解約です。
ここのところはかなり減ってきたとは思われますが、以前は良く見受けられました。

もちろん、全てを理解し、納得して解約したのであれば、それはそれで問題はありません。

ただ、解約した人の話を聞くと、多いのが、「保険料が高いから」という理由です。確かに保険料としてみれば、高いですが積み立てとか、貯蓄として考えてみてくださいと、伝えると、考え方が変わる人が多いということです。

貯まる保険は保険として考えるべきか?

養老保険や個人年金保険は保険という名前こそあれ、掛け捨ての保険に比べれば保障は殆どありません。

加入当初はそれなりの保障もついていますが、満期が近くなれば、保障と支払った保険料がほぼ同じ金額に近づいていきます。そのために保障としての機能が非常に小さくなります。

また、個人年金保険などは、保険の機能は無いに等しいです。単なる積み立てのようなものなのです。(保険の機能はありますが、保険料に対して保険金が少なすぎて保障と呼べるものではありません。単なる元本保証です。)たまたま、積み立てたお金をまるで年金を受け取るかのように、保険会社が口座に振り込んでくれるという特徴があるだけです。

しかし、ファイナンシャルプランナーが行う保険の見直しではしっかり「保険料」の項目に入ってしまうのです。掛け捨ての保険と同じ項目に貯蓄型の保険の保険料が一緒に並んでいて良いのでしょうか?
もしそうであるのであれば、普通預金も並べるべきです。