終身医療保険、一番お得な払い方はどれ?

保険料の払い方は、自分の考え方に合うかどうかで選んで。

保険料の払い方は、自分の考え方に合うかどうかで選んで。

終身医療保険には、次の2つの払い方があります。
・終身払い
・有期払い

終身払いは何歳になっても死亡するまで一生涯にわたって払う方法、有期払いは60歳・65歳などの一定年齢で払い込みが終わる方法です。

払い方で保険料はどれくらい違う?

払い方の違いによって、月々の保険料と払い込む保険料の総額はどれくらい変わってくるか、A社の商品で見てみましょう。保障内容は全く同じ(入院日額は1万円)で、30歳・男性の場合です。

●月々の保険料
終身払い       3052円     
有期払い(60歳払済)  4416円

●60歳まで(30年間)の保険料総額
終身払い       109万8720円
有期払い(60歳払済)  158万9760円

●80歳まで(50年間)の保険料総額
終身払い       183万1200円
有期払い(60歳払済)  158万9760円(60歳で保険料の払い込みは終了)

●90歳まで(60年間)の保険料総額
終身払い         219万7440円
有期払い(60歳払済)  158万9760円(60歳で保険料の払い込みは終了)

とにかく目先の保険料を抑えたいなら終身払いを

2つの払い方にはメリットとデメリットがあり、それを加味して選ぶ必要があります。メリットとデメリットを整理してみましょう。

●終身払い
月々の保険料は2つの払い方の中では最も安い、けれど、死亡するまで払わなければならないので、収入が少なくなる高齢期も払い続けなければなりません。そして、長生きするほど払い込む保険料の総額が多くなります。

●有期払い

高齢期に保険料の負担なしで保障を続けられる、けれど、2つの払い方の中では保険料が高くなります。それに、早い時期に死亡してしまうと、結果的に高い保険料を払ってしまうことになります。

では、このメリットとデメリットを加味して、どの払い方を選べばいいでしょうか? 

長生きして長く保険料を払うことになるかもしれないけれど、先のことより目先の保険料をとにかく抑えたいと考えるなら、終身払いです。長生きしそうだし、高齢期に保険料を払いたくない・払う自信がないと考えるなら、月々の保険料は高くなるけれど有期払いを選びましょう。

なお、商品によって可能な払い方は異なります。両方、揃えている商品もあれば、片方しかない商品もあります。入りたい商品に両方の払い方が用意されていなかったら選択の余地はありませんが、両方あるなら自分のケースで保険料を試算・比較してみて、考え方に合う払い方を選びましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。