火災保険の加入方法は多様

火災保険の入り方

火災保険の入り方


火災保険の契約は持家・賃貸を問わず、住まいがあるなら誰しもが加入を考えます。しかし実際に火災保険の加入を考えたときにどう加入すればいいか意外と分からないものです。

火災保険にはどんな加入先があるのか、どんな加入方法があるのか、どんな保険商品があるのか、など火災保険の入り方について良く分からないことも多いでしょう。そこで火災保険の入り方について検証してみましょう。

火災保険の種類と加入期間、保険会社

火災保険の入り方(加入)に際していくつかポイントをお話しておきます。
  • 住まいの所在地と構造
  • 住まいの周辺環境
  • 建物の用途
  • 建物構造
  • 保険期間
  • 保険種類
  • 割引制度
  • 保険会社による商品性の違い
  • 加入する保険会社
などを中心に考えておきましょう。

最初に住まいの所在地と構造と書きました。特に自然災害が増えている状況では重要なことです。自然災害の影響を受けやすいかとか、構造によっても災害に強い弱いがあります。

新築のマンションなら構造上は一戸建てより自然災害に強いでしょうが、反面漏水事故は多く発生します。

建物の用途については火災保険は住宅用と店舗用に分類されますので(店舗併用住宅は店舗用)、加入する保険が異なります。また店舗でも事務所と飲食店では危険度が異なるのでよく火を使う飲食店の方が保険料は高くなります。

次に火災保険や地震保険の場合、長期期間契約すれば1年間毎に契約していくのに比べて支払う保険料は割安になります。また同じ1年契約でも12回払と一時払では金額が異なります。基本的なことですがこのあたりのところは押さえておきましょう。まとめて保険料を支払う方が安くなるというのが前提です。

また今は火災保険も結構種類がありますから、どこまで補償されている火災保険なのかチェックしましょう。当然補償範囲が広ければ安心な反面割高に、狭くなれば保険料は安くなります。

他に使える割引にはどんなものがあるのか、いらない補償をはずすことはできるか、必要な補償の自己負担を変えられるかなどもポイントです。

例えば居住地域が高台にあれば水害の心配は通常は低くなりますし、台風がよく上陸する地域なら風災や水災の保険金の支払いがされやすいもの(自己負担・免責ないあるいは少ない)の方がいいでしょう。

保険会社については具体的な火災保険の加入先は以下の3つです。
  • 損害保険会社
  • 共済(全労済、JA共済、県民共済など)
  • 少額短期保険(賃貸物件の場合、詳細は巻末のリンク記事参照)
どこが良い、悪いではなく要は使い方です。これは火災保険だけでなく、生命保険の場合も同様です。