少額短期保険業者と保険会社の違いを確認

少額短期保険とは?

少額短期保険とは?

2006年4月に改正保険業法が施行されたことにより、それまで根拠法がなく共済を運営・管理していた業者・団体(いわゆる無認可共済)が保険業法の規制の対象となりました。

この規制により原則、無認可共済における事業運営が2008年3月末をもって終わっています。

2008年4月以降は少額短期保険業者か保険会社(生保、損保)に事業形態を変えたところ、廃業したところなどざまざまです。またその後、少額短期保険に新規参入する企業もでています。

現在、保険や共済などの加入を検討する際には、保険会社(生命保険会社・損害保険会社)、少額短期保険業者、そして全労済やJA共済などの根拠法のある共済のいずれかになります。

しかし、少額短期保険と保険会社と区別のついていない人も多いと思います。少額短期保険とは何か?気をつけるポイント、保険会社との違いについて解説します。

少額短期保険ってなに?

それでは少額短期保険とは何なのでしょうか? 基本的なところを確認しましょう。まずは、保険会社とは違うものということを認識してください。

少額短期保険とは、一定の事業規模の範囲で、その名の通り取り扱う保険金額が「少額」、そして保険期間が「短期」(通常1年ですが損保分野は2年以内)保険契約の引き受けだけを行うものです。こうした特徴から「ミニ保険会社」などと言われることもあります。

少額短期保険業者ってどのくらいある?

金融庁の免許を受けている保険会社の数は、生命保険会社43社(2014年1月24日現在)、損害保険会社53社(2014年4月1日現在)です。少額短期保険業者は財務局の管轄になりますが、2014年5月26日現在で78社です。