ウォーミングアップの重要性を知ろう

ウォーミングアップ
準備体操してますか?
「歩き」は日常動作なので、準備運動を行わず、突然歩きはじめていませんか? ウォーキングをはじめて、膝が痛い、足首が痛い、腰が痛い、または転倒したなどというトラブルが起こる方の多くは、ウォーミングアップ不足のケースが多いのです。

ウォーキングは、強度が低い運動と思っていませんか? ウォーキングをスポーツとして行う場合、全身の筋肉を使用するので、ウォーミングアップ(準備体操)は、不可欠です。筋肉の柔軟性を高め、身体を温めることにより、運動効果が上がるばかりではなく、怪我の防止にもつながります。ウォーキングの効果を高めるためにも、ウォーキングの前の準備体操は欠かせないのです。しっかりと行いましょう。

筋肉を伸ばす際に呼吸を止めて行うと、筋肉に充分な酸素が行き渡りません。ゆっくり、深く呼吸を行いながら実施しましょう。

ウォーミングアップ例

下記に日本ウォーキングセラピスト協会が提唱しているウォーミングアップの一例をご紹介します。

ここでいう「足」とは、つま先から足首のことで、「脚」とは、足首からももの付け根のことを指します。
ステップ1
基本の立ち方はすべての動作のもと
ステップ1:正しい姿勢で立つ
正しく立つことは、全ての動作の基本。体幹部を意識して真っ直ぐに、床・骨盤・肩が並行になるように立ちましょう。呼吸を止めずに、整え深くゆっくり行います。

ステップ2
腕の柔軟性はウォーキングの要!
ステップ2:腕・肩をストレッチ
・肩を上下します。
・肩をゆっくり廻します。初めは小さく徐々に大きく廻しましょう。
・腕~腕にかけての筋肉を充分に伸ばします(左写真)

ステップ3
反動をつけないで!
ステップ3:上半身のストレッチ
・手を身体の前で組、背骨を丸めます(写真左)
・手を身体の後ろで組み肩甲骨を引き寄せます(写真右)
・手を身体の前で組み身体を左右にねじります

ステップ4
大きな動きを心がけましょう
ステップ4:下半身のストレッチ
・片脚を大きく前に踏み出し、身体を真下に下げソケイ部を伸ばします(左右行います)
・足を半歩前に出してつま先を地面につけゆっくりと脛の筋肉を伸ばします
・上記の姿勢のまま。つま先を引き上げてゆっくりと脹脛の筋肉を伸ばします

体調を見ながら、呼吸を止めずに、筋肉を意識して行いましょう。

ウォーミングアップの習慣化を!

ウォームアップ
怪我が起きないようにしっかりストレッチ
ウォーミングアップを面倒くさいと言っておろそかにすると、思わぬ怪我を引き起こし、ウォーキングを続けられなくなってしまいますので注意が必要です。

ウォーキングを長く継続するためにも、準備体操は実施したいもの。特に、脚には多くの筋肉がありますので、充分に伸ばしましょう。

併せて上半身の筋肉もしっかり伸ばすことにより全身の筋肉を効果的に使う事ができますので、運動としてのウォーキング効果が上がります。実施前の準備体操を習慣化しましょう。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。