ウォーキングがもたらす効果とは?

ウォーキングがもたらす効果

長時間の直立二足歩行可能なのは人間だけ!

私たちが、身体を移動する時に行う「歩く」という動作は、無意識に行っていますが、実は、大変高度なテクニックを要する行動といえます。

近年、「二足歩行のロボット」 を開発したチームの話を雑誌で読んだことがあります。二本足で移動の際、重心がとれず不安定になり、転倒することもしばしば。加えて、様々な動作を行うことが可能なようにするためには、重心が崩れないよう、バランス良く各関節の動きを研究するなど、多くの項目をクリアしてようやく二足歩行、様々な動作が実現可能となるそうです。

同じ哺乳類でも、チーターや象は四本の脚で身体を支えて移動します。チンパンジーやオランウータンは、立位にはなりますが上体を引き上げた姿勢での歩行は困難です。人間のみが、直立二足歩行による長時間の移動が可能なのです。

歩くときは、重心を保つ必要があります。それには、様々な関節や筋肉を効果的に使わなければなりません。無意識に行っている私たちのこの「歩行」という動作は、高度な運動能力が必要であるテクニックであり、人間のみが行う事ができる特殊能力ともいえるのです。
 

ウォーキングによって得られる様々な効果

ウォーキングは手軽にできる健康維持法

ウォーキングは手軽にできる健康維持法

生活習慣病で医者から指導を受けた経験がある方、「食生活の見直しと適度な運動を日常に取り入れること」という言葉、耳にしませんでしたか?医者からでなくても、新聞や雑誌でこのような言葉を見かけたことはありませんか?

この時の適度な運動のなかで、よく勧められるのがウォーキングです。ウォーキングは誰でも行っている動作でありながら、正しく行うことにより、多くの効果を得ることが出来る運動です。下記に、その効果の一例をご紹介します。

■身体的効果
血流量アップ、脳細胞の活性化、脂肪燃焼ダイエット効果、筋肉量アップ、コレステロール値低下、免疫力アップ、ホルモンのバランスを整える、骨密度アップ、むくみ解消、冷え性の改善、内臓の働きを活発にするなど、多くの効果が報告されています。

■精神的効果
リラックス効果(自律神経の調子を整える、脳の疲れをとる)。歩行で移動することにより、行動範囲が広がり、新しい発見をしたり、社会生活も広がります。脳も活性化することにつながります。
 

自分の体調にあわせてウォーキングを楽しもう

無理のない範囲で続けましょう

無理のない範囲で続けましょう

ウォーキングで様々な良い効果を得ることができるからといって、体調の思わしくないときも、無理矢理行うことは禁物です。体調にあわせて、距離や速さを調整して行いましょう。大切なのは、続けること!

無理のないウォーキングを継続的に行うと、次第に体型の変化に気がつきます。緩やかな速度でダイエットした体形はリバウンドが少なく、食事量を増やしても元の体型に戻りにくい状態となっています。

「老化は足から」というように、身体の土台である下半身の筋肉が低下すると行動に支障をきたします。ウォーキングを継続することにより、適度な筋肉をキープすることが可能となります。いつまでも自分の足で歩けるように、できる範囲で続け、健康な身体を持続させましょう!ウォーキングは、そんな願望を叶えてくれる健康テクニックなのです。


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。