サービスで出てくるお茶なのに美味しい!

東方美人
食事をオーダーするとサービスで出てくるお茶、東方美人。
『金品茶樓』のメニューを広げると、お茶は「烏龍茶」だけです。茶葉店のレストランなのに何故? と思うかたもいらっしゃるのではないでしょうか。実は『金品茶樓』では、お食事を頼むとお茶が出てくるのですが、このお茶がとても美味しい! なので、よほどのこだわりがない限りは、メニューのお茶を頼む必要はありません。

このサービスで出てくるお茶はまろやかで優しい味で、何杯でもいただけます。日本語の堪能な林さんにこのお茶の種類を尋ねると、「『東方美人』です。」とのこと。この『東方美人』は台湾独特のお茶で、生産量の少ないお茶です。発酵度が70%と強く紅茶に似ていますが、渋みがなく、むしろ甘ささえ感じられるような優しい味わいです。

「東方美人はポリフェノールがたっぷりですから、美人になれますよ。」と林さん。美味しくて身体にも良いなんて、嬉しいですね。

 

オーガニックの烏龍茶を発見! 上質茶葉をお土産に

茶葉販売スペース
店の入り口が茶葉の店で、奥が点心のレストラン。2階は140席あります。
中国茶のブランド『金品茶集』は、1991年に台北国際グルメ鑑賞会で「特選金メダル賞」を受賞し、翌年1992年には全国優良食品品評会の最高栄誉である「特別優秀賞金メダル賞」を受賞、93,94年と同賞を連続受賞して、台湾で不動の人気を得ています。この金品茶集のお茶が店内にずらりと並んでいます。

 

有機栽培の茶葉
有機栽培の茶葉は台湾でも珍しい品。
販売されているお茶のなかには『有機』つまりオーガニックの烏龍茶もあります。金品茶集のお茶は有機と書かれていないものでも低農薬の茶葉を使用しているため、安心です。

缶の大きさや産地もいろいろ取り揃えています。シンプルなシルバーの缶はどんなライフスタイルにもしっくりなじみそうです。400元(約1,400円)前後が中心価格です。

台湾らしい絵柄がお好きな方には、「台湾伝統シリーズ」の缶はいかがでしょうか。台湾の伝統芸能『歌仔情』『布袋戯』や伝統行事『平渓天燈』『大甲媽祖』などの絵柄が鮮やかに描かれています。こちらのシリーズは1,100元(約3,800円)の杉山渓烏龍茶など、通好みのお茶もあります。

お店の入り口には、試飲が出来るティーカウンターがありますので、食後にここで試飲をしつつあれこれ迷うのも楽しい時間です。

レストランでお茶も購入できるというのは、短い滞在の強い味方です。美味しいお茶と点心を味わいに、ぜひお出かけください!

<DATA>
■金品茶樓 長春店(ジンピンチャーロウ)
所在地:台北市長春路16號(最寄り駅 MRT中山駅)
TEL:(02)2511-7506
営業時間:11:00~14:00 、17:00~21:30
定休日:なし
ウェブサイト:金品茶集http://www.kingping.com.tw/index/home/
アクセス:リージェントホテルの前を通り過ぎ、グッチの角を曲がる

【関連記事】


※1元=3.4円で計算しています(2008.2)

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。