最近「親孝行」をしていますか? ここはひとつ私たちが企画して、台北旅行で親孝行をしませんか? テーマはズバリ「家族団欒」! いろんな思い出を家族で分かちあいましょう。

<記事index>
  • 押さえておきたい観光名所と、プラン組み立てのコツ ……P.1
  • リラクゼーションタイムは、男女別にキープ! ……P.
  • 親世代には買い物時間をこまめに組み込んで……P.
  • 最後の夜は印象的なディナーを……P.


親世代向けに押さえておきたい観光名所ベスト4!

もしも初めて訪れるのであれば、親世代のためにぜひ見ておきたい観光スポットは以下の4つです。(カッコ内はだいたいの見学所要時間)

  • 民主紀念館
    旧「中正紀念堂」。台北の市内観光コースに必ず組み込まれる場所です。
    台湾民主紀念館(タイワンミンヂュウジーネングアン)……スケールの大きさに誰もが感動する場所。ツアーパンフレットのイメージフォトにも頻繁に使われています。広い公園は市民の憩いのスペースとして親しまれています。(45~60分)


  • 台北101
    台北101ビル。展望台へ向かうエレベーターは世界最速。写真提供:台湾観光協会
    台北101ビル(タイペイ イーリンイー)……続いてぜひ見てほしいのが世界で2番めに高い建物、101ビルです。高級ブランドを集めたショッピングアーケードもあります。最先端技術を駆使した建築に、台湾のイメージが変わるかも?(60~90分)


  • 士林夜市
    士林夜市の衣料街。毎晩大勢の人で賑わいます。
    士林夜市(スーリンイエスー)……実際に何か買ったり食べたりしなくても、歩くだけでワクワクするのが「夜市(ナイトマーケット)」の良いところ。現地の人のパワーを肌で感じるおすすめスポット。(60分~)


  • 故宮博物院の喫茶室「三希堂」。インテリアは古代の書斎をイメージしています。
    故宮博物院(グーゴン ボーウーユエン)……芸術鑑賞の時間を取り入れることで、旅の厚みが増してきます。世界4大美術、博物館のひとつとも言われている故宮博物院はぜひプランに加えたい場所です。展示物の鑑賞、ティーブレイク、そのあとおみやげ購入と、合計3時間は確保しておくとゆっくり楽しめるでしょう。(2時間半~3時間)

    そのほか、時間に余裕があれば「龍山寺」「行天宮」などのお寺や、食材問屋街「迪化街」、茶葉店なども組み込むと楽しいと思います。

    家族の好みを踏まえつつ、オリジナルの旅作りを

    親子ともに台北を初めて旅するのであれば、観光プランつきのツアーに参加するのが良いと思います。ですが、もし何度か台北を訪れたことがあるかたなら、旅程やホテルをご自分でセレクトしてみてはいかがでしょう。子供に全てをまかせて街を案内してもらう旅は、親にとっては嬉しいものではないでしょうか。オリジナルプランの旅作りにトライしましょう。

    また、プランを立てても思わぬところで寄り道したり、なかなか計画通りにはいかないものです。その日のメインとなる観光場所と昼ご飯、晩ご飯の場所だけ決めておき、あとは細かく決めないようにするのもひとつの方法です。

    お揃いのオリジナルバゲージタグを作ってトランクにつけたり、旅程のパンフレットも作成したり、ワクワクするようなサプライズを盛り込むと、さらに「手作り」の旅行らしさが出てきて、気分も盛り上がりますよ。

    次ページでは、お父さん向けリラクゼーションタイムのご紹介です!