台湾おみやげおすすめランキング【2018年版】

taiwan omiyage おみやげ

パイナップルケーキ推しのあなたの常識を覆すかも?

台湾でおみやげって何を買うの? パイナップルケーキ以外買うものなさそうだよね?……そんな会話を小耳にはさむたび、あーそんなもったいない!って地団駄踏みたくなってしまいます。台湾と言えばパイナップルケーキと中国茶だけがおみやげだなんて正直、損しちゃってますよ!

台湾茶とパイナップルケーキは台湾みやげの殿堂入りということで、今回はそれ以外のおすすめをランキングしました。

<記事目次>

第17位 帆布バッグ

allabout taipei

三進式と呼ばれる、3つの建物がつながった古い建築は1927年のもの。

いいデザインのサブバッグやエコバッグは、自分用にも友達へのおみやげにも最適。

「Le Zinc 洛」 は迪化街にある古い建築物をリノベしたカフェ&バー。こちらにある帆布酒袋199台湾元(約744円)は本来ワイン瓶を入れるためのエコバッグですが、ペットボトルを入れて犬の散歩バッグにしたり、折り畳みの傘を持ち歩く袋にしたりと、使い方を考えるのも楽しそう。男性へのおみやげにも素敵です。

こちらの店はカフェで何もオーダーせずに、バッグだけ買いに来ても大丈夫なんです。というのもこちらの建物はとても古いので、見学だけでもどうぞという張り紙があります。迪化街の華やかな通りに面した方は茶器のお店になっているので、店内を抜けて中へ入ってください。
allabout taipei

Mr.Meatの帆布バッグは手描きの肉の絵が印象的。男女どちらも似合うデザイン


ちなみに私が愛用しているのは、肉大人 Mr. Meat 肉舖火鍋の帆布バッグ。マチの加減、質感、デザインすべてお気に入りなのですが、こちらは残念ながらすでに完売。また発売された場合はお知らせしてくれるとのことなので、再販を楽しみに待ちたいと思います。

<DATA>
■Le Zinc 洛 Cafe&Bar
住所:台北市民生西路362巷34號(Googleマップ)
アクセス:MRT「北門」駅3番出口より徒歩10分
TEL:(02)2552-1367 #16
営業時間:10:00~19:00(日~水)/~23:00(木~土)
FB:https://www.facebook.com/LeZinclo

第16位 ディーバライフ ショコラティエの麻袋入りチョコレート

産地別チョコレート

麻袋入りのビターチョコ310台湾元(約1159円)はカカオの含有率が58~90%まで4種類。72%以上はほろ苦いためご注意を

DIVALIFE CHOCOLATIER(ディーバライフ ショコラティエ)は台湾出身のイヴォンヌ・ロー氏が創業したチョコレートブランドで、国際線ファーストクラスやホテルでも提供される有名店です。

ディーバライフ ショコラティエの詳しい情報は>>>ディーバライフショコラティエ/台湾のチョコレート へ

第15位 貝林のミントボディパウダー

allabout taipei

表の絵柄はこんな感じ。湿気にくい缶パッケージは便利

まず、パッケージが可愛いと思いませんか? 上をくるっと回すと穴が出るタイプなのでふたを開けてその蓋を置いて……という動作が必要ありません。まるで塩コショウを使うかのように気軽に使えます。

私は下着の締め付けなどであせもを起こしがちなのですが、そのときの救世主がこちら。ひんやりとした清涼感がかゆみを抑えて楽にしてくれるのです。ミントの香りと言うよりは台湾独特の歯磨き粉みたいな香りなのですが、慣れると気になりません。
allabout taipei

赤ちゃんのレトロな絵が可愛い


あえて見せるようにディスプレイしたくなるパウダー缶。メーカー名は貝林(Byron)。地元のスーパーで45台湾元(168円)で売られていましたが、定価は70台湾元(270円)です(インターネット調べ)。

14位 KAVALAN(カバラン)のウィスキー

カバラン、お酒好きな方のおみやげに

胡蝶蘭を思わせる豊かな香りが特徴のシングルモルトウィスキー

台湾では男性向けのお土産探しで苦労するという声もよく聞きます。そこでおすすめなのが、国際的にも評価の高い台湾生まれのウィスキー、カバラン。

ISC国際スピリッツコンペ 2010年金賞、SWSCロサンゼルス境スピリッツコンペ2010年金賞、WWAワールドウィスキーアワードベストシングルモルト賞など数多くの賞を受賞。2011年ウィスキーバイブルでは、カバランのFINOが95ポイントという高評価を得ています。

台湾の有名レストランやカフェで出されるスイーツの風味づけに使われたり、WTAIPEIの月餅がカバランウィスキー味だったりと、今やすっかり市民権を得たブランドです。

カバランウィスキーの詳しい内容は>>>男性のお土産に!台湾のウィスキーKAVALAN(カバラン)

第13位 立体的なピンクのビニール袋

allabout taipei

薄く透けるタイプや不透明タイプなど様々

台湾は、ゴミ袋がピンク色なのが一般的。そして多くのゴミ袋がロール上になっていて1枚1枚ミシン目で切り離すタイプ。これが収納にも優れていてとっても使いやすいんです。ごみ箱の底にロールごと入れて、一番上をゴミ箱にかぶせるだけ。ピンクの透け感も可愛いし、お部屋で使うと、それどこで買ったんですか?と聞かれることが多いんです。

ヨーロッパなどで見かけるロール状のビニール袋は、慣れるとこの方が便利。進化したタイプのゴミ袋は開くと底が立体になっていて、さらに薔薇の香りがついていました。丸いゴミ箱の底にぴったりフィットします。黄色で柑橘系の香りがするものや、紫でラベンダーの香りがするタイプもあります。

コンビニでも売ってますが、スーパーのほうがいろいろ選べて楽しいです。中山駅近くの文房具屋、金興でも扱っています。

<DATA>
金興發生活百貨 南西店
住所:台北市南京西路5-1號(Googleマップ
アクセス:MRT「中山」駅徒歩1分
TEL:(02)2100-2966
営業時間:9:30~23:30

第12位 樂埔匯農のからすみ

allabout taipei

からすみは大きさによって値段が違う

なんと4年連続で台湾の良質なからすみベスト10(※1)に贈られる「全国十大優質烏魚子金鑚奨」を受賞しているという、特別な烏魚子(からすみ)をご紹介します。ちょっと値は張りますが、とても美味しいからついリピしたくなる、魅力いっぱいのからすみです。

写真のからすみは6両サイズで、1800台湾元(6729円)。一番大きなものは9両サイズで3800台湾元(1万4207円)。薄くスライスして、軽くあぶって薄切りの大根に載せて食べるのがおすすめの食べかたです。

冷蔵で持ち帰らないといけないので、チェックアウトギリギリまで冷蔵庫で冷やしたら新聞紙にくるみ、保冷袋に入れて持ち帰りましょう。開封後は冷凍保存も可能ですが、2~3ヶ月で食べきってください。

そんなに高いものじゃなくても……というかたは迪化街で1000台湾元くらいの物を買っても十分美味しいですし、 空港で買うよりお得です。迪化街のからすみで有名な店、永久號で買う場合は現金しか使えないので、あらかじめ台湾元を多めに両替しておくと安心です。

(※1)からすみの大きさで2階級に分け、それぞれ5名ずつ受賞。

<DATA>
樂埔匯農(匯はさんずいに匯)
住所:台北市八徳路二段346巷3弄2号(Googleマップ)
アクセス:MRT「忠孝復興」駅5番出口を出て約900m
TEL:(02)2775-1689
営業時間:9:00~20:30
定休日:年中無休
FB:https://www.facebook.com/No.1FoodTheater/

第11位 グロリアプリンスホテルのXO醤

allabout taipei

XO醤 は1瓶680台湾元(2542円)、2つ入りギフトセット1200台湾元(4486円)

目上の方へのおみやげに、グロリアプリンスホテル台北(華泰王子大飯店)のXO醤はいかがですか? よくある干し貝柱多めのXO醤と比べると、こちらはエビの旨みを効かせたタイプで、台湾東港産のサクラエビとシラス、高級ホタテ、ニンニク、唐辛子を炒めて作った高級調味料です。辛いので最初は加減しながら、炒め物などに使いましょう。

allabout taipei

一階ロビーにあるベーカリーショップで爪楊枝と尋ねるとあります

グロリアプリンスホテルにはこの他にも名物みやげがあります。それはなんとつまようじ! 5パック入り100台湾元(370円)と、包装紙でくるんだタイプ200台湾元(740円)の2種類。細く仕上げたつまようじは一度に2000本買い求めたファンもいるんだとか。

<DATA>
■グロリアプリンスホテル台北(華泰王子大飯店)
住所:台北市林森北路369号(Googleマップ)
アクセス:MRT「雙連」駅2番出口から徒歩10分
TEL:(02)2581-8111


第10位 ユアンソープの石鹸

allabout taipei

香料、化学成分、防腐剤、着色料などは一切入っていないオーガニックソープ

阿原(ユアン、もしくはアーユエン)の石鹸。材料と作り方にこだわった特別な石鹸が評判を呼び、今や台湾土産として大人気!オーガニック素材と漢方薬、精油などを丁寧にブレンドして1つ1つ手作りした石鹸は、友達用だけでなく、自分用にもまとめ買いしたくなる特別なおみやげです。

ユアンソープの詳しい内容は>>>台湾土産に!オーガニック阿原の石鹸(ユアンソープ) へ


第9位 六安堂のドライストロベリー(台湾大湖草莓)

allabout taipei

パックされていて、賞味期限も書かれているので安心

迪化街に行ったらぜひ立ち寄りたいのが六安堂。台湾のフルーツと言えばマンゴーですが、台湾で冬のくだものと言えばイチゴ。それも苗栗の大湖が名産なんです。私は台湾大湖草莓(台湾大湖のドライストロベリー)をお茶うけによく買って帰ります。たっぷり入って200台湾元(747円)。

もう一つのおすすめは台北聖女蕃茄(180台湾元・672円)で、ドライプチトマト。定番の台湾マンゴーもあります。六安堂のドライフルーツは中国産ではなく台湾産の果物を使用しているので、安心して購入できます。

迪化街というと漢方薬のイメージですが、今はお洒落な雑貨屋やカフェも多いので、お土産さがしにおすすめのエリアです。

<DATA>
■六安堂参薬行
住所:台北市迪化街一段75號(Googleマップ)
アクセス: MRT蘆洲線「大橋頭」駅から徒歩10分
TEL:(02)2559-8599
営業時間:9:00~21:00
定休日:旧正月6日間


第8位 台湾スターバックス限定タンブラー

allabout taipei

アリスアンドオリビアのスターバックスの限定タンブラーは陶器製

スターバックスの台湾限定、と聞くと多くの人が「ああ、あのTAIPEIって書いてあるマグね」と思うかもしれませんが、ここで言う限定とはいわゆる定番のご当地マグの事ではありません。

スターバックスは季節ごとに限定タンブラーを販売していますが、日本より台湾やシンガポール、韓国で季節限定の珍しいタンブラーが発売されているのはコレクターの間では有名な話。特にデザイナーやブランドとコラボしたものは人気で、ポール&ジョーやアナスイなどレアなものは現地でも早々に売り切れてしまいます。
allabout taipei

スターバックスのぬいぐるみやノートなど、日本にないものもたくさん

お月見の季節にはうさぎのマグなども登場します。台湾に行かれる前に、日本のスタバを下見しておくといいかもしれません。

<DATA>
■STARBUCKS RESERVE 星巴克保安門市
住所:台北市保安街11號(Googleマップ)
アクセス:MRT「大橋頭」駅2番出口から徒歩10分
TEL:(02)2557-8493
営業時間 :7:00~22:30
定休日:年中無休


 

第7位 台南安平の虱目魚鬆

allabout taipei

サバヒーの濃厚な味が苦手な人もこれなら美味しく食べられるはず

台湾の肉でんぶ(ふりかけ)「肉鬆(ロウソン)」。パンにはさんだり飯團(台湾のおにぎり)に入れたりして、台湾人の9割は大好きなんじゃないかという食べ物。それをもっと私たち日本人にも食べやすい味にしたのがこちらの「虱目魚鬆(サバヒーソン)」です。

虱目魚粥(サバヒー粥)と言うのは台湾のミルクフィッシュを使ったおかゆで、台南など南部ではポピュラーな朝ごはん。しかしサバヒー粥は魚が新鮮でないとお粥にできないので、南部ではよく見る朝ごはんでも台北ではあまり見かけません。

そんなサバヒーを好きな人もそうでない人にも薦めたいのが「虱目魚鬆」。サクサク具合と甘さ加減がとってもいいバランス。おそらく台南あたりではあちこちで売っていそうなんですが、台北では樂埔匯農(匯はさんずいに匯)で扱っています。

<DATA>
樂埔匯農(匯はさんずいに匯)
住所:台北市八徳路二段346巷3弄2号(Googleマップ)
アクセス:MRT「忠孝復興」駅5番出口を出て約900m
TEL:(02)2775-1689
営業時間:9:00~20:30
定休日:年中無休
FB:https://www.facebook.com/No.1FoodTheater/

第6位 福印堂印刷で作る木のハンコ

allabout taipei

ひとつひとつ彫っていくのでオーダーから受け取りには数日かかる

台南に留学していたころ、地元の学生が木の認印を作っていたのが羨ましくて、押す用事もないのにオーダーしたらすっかりはまり、地元の印鑑屋さんと仲良くなるほどおみやげをオーダーした事があります。

なかなか台南までは行けないので、台北では福印堂印刷さんで木のハンコをオーダーしています。「我要做小的印章」と言えば小さなハンコを作ってくださいという意味だと福印堂のご主人が教えてくれたので、これをメモに書いて持っていくといいでしょう。

小さなハンコは70台湾元(261円)、大きなサイズだと300台湾元(1121円)。小さなものは30分で彫りあがりますが、先にオーダーが入っているとすぐには仕上がりません。数が多い場合は休憩をはさみながら作るため、1日では仕上がりませんから、旅行初日に行くなどオーダーの日にちは余裕をもって。

可能な文字数は4文字までなので、私の名前(保谷早優玲)のように5文字の場合は苗字を諦めて名前だけを彫ることになります。ただ、名前の最初の文字が一文字になるか、最後の文字が一文字になるかはおまかせになります(写真の場合、江美子の江の字が一文字に)。
allabout taipei

「はいばら」の千代紙を使用し、表から分かるように名前の判を押してあります


そしてこちらの木のハンコ、なんとオークラプレステージ台北(大倉久和大飯店)のパイナップルケーキの箱がピッタリなんです! いくつか本物のパイナップルケーキをしのばせて、残りの箱は同じサイズの型を取って、和紙で作成。思わぬサプライズに友人はみんな大喜びでした。

<DATA>
■福印堂印刷
住所:台北市西園路1段123號(Googleマップ)
アクセス:MRT龍山寺駅より徒歩6分
龍山寺の向かって左側(出口側)を外側から建物沿いに廻っていくとあります。

第5位 台中の台湾葱酥(紅玉ねぎフレーク)

allabout taipei

肉ちまきやビーフン料理など様々な台湾料理に使われている油葱酥


台湾葱酥は油葱酥とも呼ばれ、紅葱頭(エシャロット)を刻んで香ばしく揚げた、いわば「紅玉ねぎフレーク」といったところ。ほのかな甘味があり、これを入れるといろんな料理が台湾っぽく変身する魔法のフレーク。麺にパラリと載せたり、スープの具材にしたり、魯肉飯の材料にも使われています。醤油などを加えて炊き込みご飯にしても美味しいですし、青菜炒めにも合います。

今まで私は台北のスーパーで油葱酥を買っていたんですが、台湾葱酥を買ってからは、こればかり食べてます。57g50台湾元(186円)。防腐剤が入っていないので冷蔵保存で、早めに使い切りましょう。台中産ですが、台北では樂埔匯農で扱っています。

<DATA>
■一號糧倉 樂埔匯農(匯はさんずいに匯)
住所:台北市八徳路二段346巷3弄2号(Googleマップ)
アクセス:MRT「忠孝復興」駅5番出口を出て約900m
TEL:(02)2775-1689
営業時間:9:00~20:30
定休日:年中無休
FB:https://www.facebook.com/No.1FoodTheater/

第4位 ル リュバン ショコラのチョコレート

allabout taipei

こちらはある有名メゾンのために作られた、受賞作入りチョコレート詰め合わせ。お店で買える受賞チョコレートの詰め合わせは6本入り560台湾元(約2095円)

Le Ruban Chocolat ル リュバン ショコラと聞いてあっ、と思った方はチョコレート通。ル リュバン ショコラは、2017年サロンデュショコラ東京にも出展していた店で、2017インターナショナルチョコレートアワードで金賞、銀賞、銅賞を獲得した実力派。なかでも台湾の食材を使ったチョコレートが有名です。

コンテストで銅賞を受賞したジャスミンのチョコレートは、花の魅力と上品なくちどけのチョコレートの相性は抜群。ほんの少し感じられる酸味がほどよいアクセントとなり、まさに心奪われる味でした。

そして金賞を受賞したのは、菊花のチョコレート。菊花といえばハーブのカモミールような、個性的な花の風味や苦みが特徴です。でもその苦みをチョコレートの魅力に変えてしまうとは、シェフの魔法でしょうか。深みがあって忘れられない味わいは、チョコレートの常識も台湾のイメージも変えてしまいそう。まさにゴールドメダルにふさわしいチョコレートです。くちどけ感が素晴らしさと、美しい仕上がりにもぜひ注目してください。

チョコレートはデリケートで、常に冷たい温度をキープしていないと溶けてしまうのが難点。購入後に暑い屋外を歩いたりする事がないようにしたいものです。

<DATA>
■Le Ruban Chocolat 可可法朋(クークーファーポン)
住所:台北市仁愛路四段122巷24号(Googleマップ
アクセス:MRT「信義安和」駅1番出口より600m
TEL:(02)2700-8656
営業時間:11:30~19:00
定休日:火曜日
FB:https://www.facebook.com/LeRubanChocolat/

第3位 呉寶春(ウーパオチュンベーカリー)で買う世界一のパン

世界一のパンが台湾で食べられる

チャンピオンブレッドは5種類。上にかかった粉の絵で見分けよう

台湾でパンといえばここ、というくらいの有名店。2010年に開催されたマスター・ドゥ・ラ・ブーランジュリーというパンの世界大会で優勝を勝ち取った呉寶春(ウーパオチュン)さんのお店です。

2016年に開催されたベーカリーのワールドカップ「クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー2016」でも、再び呉寶春さんを監督とした台湾チームが準優勝の栄光に輝きました。

普通、コンテストで賞を取ったパンというのは工程も成型も手間がかかっているので、私たちが口にする機会は少ないのではないかと思いませんか? しかしこの台北の呉寶春麥方店(ウーパオチュンベーカリー)では、受賞した5種類のパンを毎朝焼いているんです!

写真は左から時計回りに、TAIWANと書かれたエレメンタルチーズブレッドが300台湾元(約1121円)、梅という一文字が印象的な台湾プラム&ティーブレッドが320台湾元(約1196円)、台北限定バゲット100台湾元(約370円)、ライチの絵が描かれた台湾ライチーローズチャンピオンブレッドが360台湾元(約1346円)、台湾龍眼とワインブレッドが360台湾元(約1346円)です。
2016年準優勝に輝くチームの一員、謝忠祐さん

2016年準優勝は台北店の謝忠祐さん他、計3名で勝ち取った

5種類の受賞パンはいずれも朝11時に焼き上がります。しかし事前に予約があると12時過ぎには売り切れるパンが出てきたりして、毎日16時にはどれかが売り切れるということからも人気の高さがうかがえます。

台湾プラム&ティーブレッド(梅引茶花)はコンテスト作品と同じデザインでしたら320台湾元ですが、味は同じでシンプルなデザインに成型したものは300台湾元と少しお求めやすくなっています。

さらに台湾ライチーローズチャンピオンブレッドには、200台湾元(約748円)のミニサイズもあります。レジで切り分けもしてくれますから、何種類か購入して友達と分け合うのもいいですね。

1個当たりの価格は高価ですが、ずっしりと大きくボリュームがありますし、何より美味しいのでパン好きな方へのおみやげにぴったりです。

気になる賞味期限ですが、梅のパンは次の日まで、他のチャンピオンパンは常温で3日まで日持ちします。いずれも食べきれない場合は冷凍して2週間以内に食べきってください。

気楽に食べられる小さなパンの中で人気ナンバー1は、台北店限定のローズクロワッサン(55台湾元、約205円)です。こちらはフランスのバターを使った2色のしましまが可愛いクロワッサンで、中にクランベリーとローズのジャムが入っています。サクサクっとして、中のジャムがとても美味しかったです。小さいので一つ買って帰りの機内で食べるのにもよさそうですね。パンを買うと入れてくれる黄色い紙袋は、インスタ映えも狙えます。

<DATA>
呉寶春麥方店(ウーパオチュンベーカリー)
住所:台北市於(於は草かんむり)廠路88号(誠品松於店B2)(Googleマップ)
アクセス:MRT「市政府駅」から徒歩約7分
TEL:(02)6636-5888 #1902
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休


第2位 Le Ruban patisserie、法朋[火共]培甜點坊の台湾クッキー詰合せ

Le Ruban クッキー詰め合わせ

漫歩台灣経典餅乾禮盆 780台湾元(約2897円)

台湾らしいお菓子といえばパイナップルケーキや太陽餅、洋菓子系だとミルクヌガーが頭に浮かびます。でも普段食べなれていないものをおみやげにもらって口にするのって、ちょっと勇気がいることだったりします。

チョコレートが外国のお土産に選ばれているのは、チョコレートならば誰が食べてもきっと喜ばれるだろうという安心感があるからではないでしょうか。クッキーも普段食べなれているお菓子なので、おみやげにしやすいアイテム。

そこでおすすめしたいのが、Le Ruban patisserieの「タイワニーズクッキーコレクション(台湾産クッキーの詰め合わせ)」です!

Le Ruban patisserieは先ほど4位にランクインしたチョコレートのお店「可可法朋(クークーファーポン)」のケーキ屋さん。イラストが可愛い缶を開けるとクッキーのいい香りがふんわりひろがって、期待が高まります。

中身は
  • 台南佳里の胡麻を使ったサブレ
  • 台南關廟のパイナップルジャムクッキー
  • 屏東九如のパレ・ブルトン
  • 南投埔里のローズを使ったうずまきクッキー
  • 彰化鹿港の全粒粉で作った麺茶クッキー(麺茶は台湾の昔ながらのおやつ)
  • 嘉義阿里山の烏龍茶クッキー
  • 烏來の馬告(台湾ペッパー)のミルフィーユクッキー
  • 南投霧峰の龍眼メレンゲクッキー
と、台湾各地の名産がふんだんに使われているのが嬉しいですね。
allabout taipei

Le ruban ChocolatとLe Ruban patisserieのシェフ、李依錫氏


そして洋菓子店の焼き菓子とあって、一つ一つがとても丁寧に作られています。パレ・ブルトンやメレンゲといった食感の違うものを組み合わせているのにも、シェフのこだわりを感じます。どなたに差し上げても喜ばれることまちがいなしのおみやげです。

<DATA>
■法朋[火共]培甜點坊 Le Ruban patisserie
住所:台北市仁愛路四段300巷20弄11号(Googleマップ
アクセス:MRT信義安和駅から徒歩約7分、忠孝敦化駅から徒歩約11分
TEL:(02)2700-3501
営業時間:11:30 ~20:00/11:00~20:00(土・日)
FB:https://ja-jp.facebook.com/LeRubanPatisserie/


第1位 台湾阿里山コーヒー

allabout taipei

GOODMAN ROASTERの阿里山産アラビカコーヒー豆40g400台湾元(1440円)、一人ずつの個装タイプ1包90台湾元(323円)など

今コーヒー通の間で飲んでみたいと評判の阿里山(alisanまたはalishan)コーヒー。台湾の阿里山で栽培されたものですが、全体の生産量が少ないため希少で、国外に輸出されることがあまりないので、おみやげに買ってきて欲しいとリクエストが来ることもあるほど。

台湾はコーヒー豆の焙煎技術がかなり上がっており、FikaFikaCafeのように、世界大会で優勝するお店も出ているほどで、日本でも注目度が上がっています。
allabout taipei

Fujin Tree 353 Cafe by simple kaffaの個装タイプのコーヒーはイラストが素敵

台湾阿里山コーヒーのおみやげでおすすめしたいのは、GOODMAN ROASTERとFujin Tree 353 Cafe by simple kaffaの2店。どちらも1人用に個装されたものと、袋入りがあります。

「阿里山コーヒーは豆の生産量が多くないため、売り切れてしまったら次の入荷まで待っていただくことになります(Fujin Tree 353談)」ということですので、出会えたらラッキーなおみやげなのかも?

<DATA>
■KICKAKE by Goodman
住所:台北市市民大道7段8號 台北松山意舍酒店 (Googleマップ)
アクセス:MRT「松山」駅3番出口より徒歩5分
TEL:(02)2653-2828 #2810
営業時間:12:00~20:00
定休日:なし
FB:https://www.facebook.com/Kickake/

■ Fujin Tree 353 Cafe by simple kaffa
住所:台北市富錦街353號(Googleマップ)
アクセス:MRT「松山機場」駅3番出口からタクシーで5分程度
TEL:(02)8712-8770
営業時間: 9:00~18:30 (月~金)/ ~19:30(土・日)
定休日:なし
FB:https://www.facebook.com/fujintree353cafe/

もちろんパイナップルケーキと台湾茶はおみやげ殿堂入り!

allabout taipei

旅の思い出を持ち帰る、おみやげとの出会い

台湾みやげの大本命といえば、パイナップルケーキと台湾茶です。

台湾のおみやげを賢く持ち帰るコツ

allabout taipei

食器を買うとき新聞紙にもくるまずそのまま重ねて袋に入れて渡されることがある、それが台湾


台湾のおみやげを買うことを想定して、私は行きの荷物に緩衝材(プチプチ)や使い捨て保冷バッグ、それと保冷剤、ジップロックを入れていきます。結局使わないときは思い切って捨ててきてもいいものばかりです。

緩衝材はたいてい持っていった分はすべて使ってます。ガラス瓶、へこみやすいお茶缶(友達にあげるのにボコボコってわけには……)、崩れやすいお菓子、それから飲料のアルミ缶の持ち帰りは絶対にくるんだ方がいいです。私は輸送時に穴があいた経験があり、それはもう荷物が大変なことになりました。

allabout taipei

迪化街では上質のお香もお手頃価格で手に入る

ジップロックは、お香のような香りの強いものを持ち帰るときに役立ちます。台湾はそもそも紙に香りをつける風習があるので、ハンコを入れる袋などはきちんと分けないとにおいの移りやすい食べ物が心配です。

そしてからすみのような保冷したまま持ち帰りたい食材を買った時には、保冷バッグがあると便利ですね。しっかりしたバッグでなくても使い捨てタイプで十分です。

惜しくも圏外になったおみやげもありますので、いずれ食品編、雑貨編に分けて特集したいと思います。

以上、台湾のおすすめおみやげでした!

※1台湾元=3.7円で計算しています(2017.12)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。