鼎泰豊は一度は行ってみたい小籠包の人気店

allabout taipei

小籠包は10個入りで220台湾元(約800円)

鼎泰豊(ディンタイフォン)はとにかく混むことで知られるレストラン。日本をはじめアジア各地に支店を持ち、小籠包の美味しい店として現地の人と観光客で連日混みあっています。週末のピーク時は2時間待つほど人気ですが、一度は訪れたい店です。

どこが一番穴場? 待ち時間を大幅に短縮できる方法って?  必ず頼みたいメニューは? という疑問にお答えします。

<目次>  

まずは鼎泰豊アプリをダウンロード

ディンタイフォン

一番混むと言われている信義店

鼎泰豊アプリをダウンロードしておくことをおすすめします。日本語に対応しており、各店舗の現在の待ち時間が表示されますし、今呼ばれている番号もこれでわかります。
≫≫鼎泰豊アプリ(App Store)
≫≫鼎泰豊アプリ(Google Play)

アプリをダウンロードせず、呼出し番号を調べたいときはこちらで見ることができます。

参考までに、ある日の土曜に13時30分の店舗の待ち時間は101店110分、信義店(本店)100分、復興店60分、南西店55分、A4店50分、天母店35分でした(2019年12月調べ)。

混雑する食事時間帯には店先に係員がいて、その人に人数を告げると呼び出し番号を印刷した紙をくれます。

店の外には電光掲示板があり、自分の番号が表示されたら係員に告げると店内に案内されます。スタッフの中には日本語が話せる人もいるので、わからない場合は日本語で尋ねるといいでしょう。

空いている時間の狙い目は開店前から並ぶか、または15時~17時です。
 

鼎泰豊のファストパスがある!

VELTRAという旅行サイトで一人680台湾元(約2470円)を払っておくことで、優先的に案内してくれるシステムがあります。バウチャーを持っていくと優先的に次の呼び出しにしてくれるので、15分くらいで座ることができます。小籠包、えびシュウマイ、肉野菜蒸餃子、えび餃子、炒飯、野菜炒め、酸辣湯(サンラータン)、こし餡薄皮包み、とメニューも豊富です(2019年12月現在)。
 

鼎泰豊にしかないメニューを食べよう!

ここでスタンダードな小籠包と共にぜひ食べておきたい名物小籠包があります。それは黒松露小籠包(5個450台湾元・約1635円)、トリュフ小籠包です。豚肉餡のなかにフランス産の黒いトリュフを細かく切ったものが入っていて、口の中いっぱいにトリュフの香りがひろがります。ぜひ試してみて下さい。

大勢で行くならエビと豚肉のシュウマイ(10個380台湾元・約1380円)や、カニみそ小籠包(10個370台湾元・約1340円)、エビチャーハン(240台湾元・約870円)がサイドオーダーとしておすすめです。

エビシュウマイは味だけではなく形も花のような、壺のような独特の形をしていてインスタ映えも狙えそう。

エビチャーハンは現地で美味しいと評判のメニューです。日本人にはやや薄味に感じるかもしれませんが、他のメニューとのバランスを崩さない塩加減が逆にいい感じなんです。
 

アクセスの良い支店、忠孝店と復興店もあります

鼎泰豊

101店は待ち時間も色々楽しめて便利

鼎泰豊は本店である信義店(信義路二段194号)の他に、101店や復興店(忠孝東路にある太平洋SOGOデパート復興店B2F) にもあります。101店は本店と同じくらい混みますが、MRT駅からほぼ直結なのと、待ち時間に101の中のスターバックスやJasonsといったスーパーマーケットで時間を潰すことができます。

<DATA>
■鼎泰豊(ディンタイフォン)本店
住所:台北市信義路二段194號
アクセス:MRT大安駅または中正紀念堂駅からタクシーで5分
TEL:(02) 2321-8928
営業時間:月~金曜10:00~21:00/土・日曜、祝日9:00~21:00
定休日:なし

■鼎泰豊(ディンタイフォン)101
住所:台北市市府路45號 B1(台北101購物中心)
アクセス:MRT淡水信義線 台北101/世貿駅 4号出口すぐ
TEL:(02)8101-7799
営業時間:日~木曜11:00~21:30/金・土・祝日前11:00~22:00
定休日:なし

≫≫鼎泰豊アプリ(App Store)
≫≫鼎泰豊アプリ(Google Play)

以上、鼎泰豊の情報でした!

※1台湾元=約3.6円で計算しています(2020.1 )


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。