台北発! 一度は行きたい小籠包の人気店、鼎泰豊

allabout taipei

小籠包は10個入りで180台湾元(約510円)

ニューヨークタイムズ紙で世界10大レストランに選ばれたこともある有名店、鼎泰豊。日本をはじめアジア各地に支店を持つ、台湾が誇る名レストランです。小籠包の美味しい店として現地の人と観光客で連日混みあっています。ピーク時は20~30分は待つほど人気ですが、一度は訪れたい店です。

混雑する食事時間帯には店先にヘッドセットをつけた係員がいて、その人に人数を告げると呼び出し番号を教えてくれます。店の外には電光掲示板があり、自分の番号が表示されたら係員に告げると店内に案内されます。スタッフの中には日本語が話せる人もいるので、わからない場合は日本語で尋ねるといいでしょう。

ここでスタンダードな小籠包と共にぜひ食べておきたい名物小籠包があります。それは黒松露小籠包(450台湾元・約1,250円)、トリュフ小籠包です。豚肉餡のなかにフランス産の黒いトリュフを細かく切ったものが入っていて、口の中いっぱいにトリュフの香りがひろがります。高価ですが日本にはないメニューなので、ぜひ試してみて下さい。

allabout taipei

人気のエビシュウマイもぜひ食べてみたいメニュー

大勢で行くなら人気メニューのエビシュウマイ、蝦仁燒賣(310台湾元・約850円)や、エビチャーハン、蝦仁炒飯(170台湾元・約460円)がサイドオーダーとしておすすめです。

エビシュウマイは味だけではなく形も花のような、壺のような独特の形をしていて可愛いのも特徴。

ここのエビチャーハンは現地で美味しいと評判の品です。日本人にはやや薄味に感じるかもしれませんが、他のメニューとのバランスを崩さない塩加減がこの店の炒飯の良さと言えます。

 

アクセスの良い支店、忠孝店と復興店もあります

allabouttaipei

可愛い鼎泰豊キャラのついたボールペンやストラップはおみやげに人気

鼎泰豊は本店(信義路二段194号)の他に、忠孝店(忠孝東路4段218號)と復興店(忠孝東路にある太平洋SOGOデパート復興店B2F) にもあります。忠孝支店は本店と同じくらい混みますが、MRT駅から歩けるという点で行きやすい場所。

復興店は太平洋そごうデパートの地下にあるので立地的にやや物足りないかもしれませんが、本店よりすいているという点でおすすめです。また、台北101地下のフードコートにも出店しています。

<DATA>
■鼎泰豊(ディンタイフォン)
住所:台北市信義路二段194號
アクセス:MRT大安駅または中正紀念堂駅からタクシーで5分
TEL:(02) 2321-8928
営業時間:月~金曜10:00~21:00/土・日曜、祝日9:00~21:00
定休日:なし

※1台湾元=約2.8円で計算しています(2011.8)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。