唐辛子とチーズが大活躍、ブータン料理

プタ
そば粉でつくったブータン風そば「プタ」(C) Tourism council of Bhutan
政府の観光施策により、旅行会社を通してしかビザを取ることができず、外国人旅行者には入国時から出国時まで旅行ガイドが付くなど、気ままに旅行するにはハードルが高く感じられるブータンですが、一度行くとハマる人も多いよう。その魅力は素朴な人たちや昔懐かしい風景にあるといわれています。

そんなブータンの料理には意外にも唐辛子がよく使われ、スパイシーな味付けが特徴。チーズやバターなどの乳製品も豊富で、唐辛子をチーズで煮込んだ「エマ・ダツィ」はブータンの人々の大好物。ちなみに「エマ」とは唐辛子、「ダツィ」とはチーズの意味です。米が主食で、「レッドライス」(赤米)も有名。高地ではソバや麦もよく食べられており、「プタ」のようなそば粉で作った押し出し麺もあります。お酒もいろいろありますが、ブータンでは火曜日は「ドライデー」といわれ、アルコールの販売が全面的に禁止になるのでご注意を。