ダイエットを成功させるには健康な腸が大切!

腸を超マッサージ

腸美人=くびれたセクシーボディの証!!

くびれのあるセクシーボディを手に入れたいなら、まずは健康な腸を目指すべき! どんなに食事制限や運動に励んでも、便秘や不調を抱えた腸ではダイエットの成功はありえません。

なぜなら腸は栄養を吸収し、老廃物を排出する大切な器官だから。腸が正しく機能しないと、腸内で発酵した有害物質が排出されず血液やリンパ内に滞り、肥満を引き起こす原因になるのです!
   

腸内環境をチェック! あなたは腸美人?

さっそく以下で、あなたの腸内環境をチェックしてみましょう! チェック数であなたの腸の状態が分かります。

□生活が不規則で、排便タイムも決まっていない
□お腹が張りやすく、おならがよく出る
□排便後にスッキリ感がない
□便が硬く色は黒っぽい
□便秘と下痢を繰り返しやすい
□便秘薬を定期的に服用している
□おならや便のニオイが臭い
□朝食はほとんど食べない
□魚類より肉類をよく食べる
□野菜をあまり食べない
□周りと比べると早食いだ
□タバコを吸っている
□顔色が悪く、くすみがち
□吹き出物ができやすい
□デスクワークが主で、運動不足だ
□ストレスが溜まりがち&睡眠不足気味
□神経質なほうだ
□冷えやむくみが気になる
□シャワーで済ませることが多い
□水分はあまり摂らないほうだ

 

結果発表! あなたは腸美人? それとも腸おブス?

腸を超マッサージ

腸美人だと、ウエストまわりも気持ちもスッキリ!

チェックの合計数をもとに、腸内環境を5タイプに分けてみました。自分の腸内環境はどの程度なのか、しっかり把握して下さいね。

■0個のあなたはお見事! 腸美人
完ぺきな腸美人です。トラブル&汚れナシの“きれいな腸”の持ち主。腸だけでなく、ボディラインもお肌も美しいはず。この状態をキープしましょう!

■1~4個のあなたはもう少し! ほぼ腸美人​​​​​​​
ほぼ問題のない腸美人といえるでしょう。もう少し生活や食生活を改善すれば、完ぺきな腸美人になれますよ!

■5~12個のあなたは油断大敵! やや腸おブス​​​​​​​
やや腸に負担がかかっている様子。今の腸状態を見直さないと腸おブスまっしぐら! まだ間に合いますから、今すぐ日常生活を改善しましょう!

■13~16個のあなたは危険信号! 腸おブス​​​​​​​
腸の不健康が進行しているようです。今すぐ腸内環境改善を始めないと、ダイエットどころか将来が心配です!

■17~20個のあなたは腸おブス決定!!
あなたの腸は美人からは程遠く、おブス状態! このままでは深刻な病気になる危険性もあります。早めの対策を!!

いかがでしたか? 自分の腸の状態を知ることができたでしょうか。


 

便秘や肥満解消効果も! 腸もみマッサージのやり方

ここでは、どこでもできる簡単な「腸もみマッサージ」を紹介します。腸をもんで動かしながら、滞った老廃物に刺激を与え→移動させ→便意を促してウエストシェイプにアプローチしていきます。椅子に座ったままでもできますから、会社などで気付いた時にマッサージしてみましょう。



■ステップ1:腸を刺激する
腸を超マッサージ

指先に適度な圧を加えながらマッサージするのがコツ!
指を開きウエストの両脇にあててもみほぐす。やや強めに動かしながら、上下に少しずつ手を移動させる。10回繰り返す。
 
■ステップ2:小腸の老廃物を移動する
腸を超マッサージ

老廃物を移動させるイメージで丁寧にもみほぐす!
おヘソから3cm左横が小腸の位置になります。そこから右横までUの字を描くように両手の指先をそろえてマッサージ。ゴリゴリした感覚がある部分はしっかりもみほぐす! 3周行う。
 
■ステップ3:大腸の老廃物を移動する
腸を超マッサージ

ここをしっかりマッサージすると便意が促されます!
おヘソの右下が大腸の位置になります。そこからおヘソの上を通り左下まで両手の指先をそろえてマッサージ。特に左下は大腸の出口になっていて、宿便等が溜まりやすい場所。老廃物を流すよう、しっかりもみこみましょう! 3周行う。
 
■ステップ4:便意を促す
腸を超マッサージ
寝る前にマッサージするのも効果的
そろえた両手の指先で、お腹全体を矢印の方向にマッサージ。ゆっくり丁寧に、溜まった毒素を移動させるイメージでもみほぐすと効果大。5周行う。
 

腸内環境を整えれば、便秘だけでなく肥満防止にも効果が期待できるもの。キレイな腸は美しさの源! 「腸もみマッサージ」で体の中から美しく、くびれのあるセクシーな女を目指しましょう。


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。