艶話 No.2
@イタリアン


スパイスの王様 胡椒
Pepe il re delle spezie

誰もが欲しがったスパイス…胡椒

after
胡椒はスパイスの王様です。

胡椒はとっても媚薬素材。
胡椒はその存在までもが、人を魅了し、特権階級の舌には欠かせなかったスパイスです。

胡椒のオリジナルはインド。これがヨーロッパに持ち込まれたのは、はじめは陸路を通じてですが、その後はインドから海路を経てヨーロッパへ。イタリア人からすれば、中世時代の海といえば地中海。その地中海を制覇していたのが、ヴェネチア人。そう、ヨーロッパはもちろんイタリアへ胡椒を大量に持ち込んだのは、言わずと知れたヴェニスの商人だったのです。

実はこのヴェニスの商人、胡椒貿易で財を成したと言っても過言ではない程、胡椒貿易で大忙しの大繁盛だったのです。 貨幣がさほど流通していなかった時代ですから、どのようにして胡椒をトレードしていたかというと、胡椒に値するものが、なんと「金」。それを察すれば、どれだけ胡椒が高価なものだったかがわかります。当時は、胡椒の価格レートが景気を表していたとも言われています。

そしてイタリアで胡椒は王族貴族の食卓へ運ばれ、毎日の食卓の必須スパイスとして上がったのでした。
このようにして高価なトレードがされてきた胡椒は「スパイスの王様」という別名もある程です。

保存には胡椒を


電力がなかった時代ですから、冷蔵庫などあるわけがありません。となると肉などの素材の保存にとっても困りました。その保存というわけではないですが、胡椒や様々なスパイスを塗り、肉の臭みを取り除き、美味しく食べさせることにも、胡椒は事欠かさなかったのです。それは特に黒胡椒をさします。
というのも黒胡椒にはピペリンという独特の辛味があります。このいわゆる胡椒の辛味ピペリンは、殺菌作用を持つ成分が備わっていたからです。

身体はいつもポカポカ


この胡椒が持つピペリンは、保存食品への殺菌効果以外にも、人間の口に入れば、これは新陳代謝をよくします。となると消化を助け、食欲が増すようになります。また、冷え性も解消すると言われているので、身体はいつもポカポカの状態。
またピペリンは、ビタミン、ミネラルの吸収を高めることとしても、お料理に胡椒ひと振りは欠かせないと言ってもいいでしょう。
新陳代謝がよくなれば、かなり身体も元気になります。
イタリアでは胡椒はアフロディズィアカな食材としても有名で、「媚薬素材」となります。
胡椒ひと振りで、お料理の味わいや風味はぐっと高まり、身体もぽかぽかでうっとりとした気分になれば、確かに媚薬効果はあると言えるでしょう。

胡椒を美味しく食べるために


胡椒はできれば粒のままで、必要があるときにだけ、ペッパーミルなどですりつぶして使います。もうすでに粉末のものは、きちんと密封して空気が入らないようにすれば、長く保存が可能です。
ただ、すべての食材についてそうですが、食べ過ぎには気をつけてください。胡椒はあくまでもスパイスという調味料ですから、ほんのり程度が適量です。


◆◇ 最後に胡椒ひと振りでもっと美味しくなるレシピ ◇◆

ビスマルク風アスパラガス&エッグ
トスカーナのカーチョ・エ・ペーペ (チーズと胡椒のパスタ)
牛肉のタルタルステーキ
ひとくちカルパッチョ

◆◇ おすすめイタリアン媚薬レシピ ◇◆
ミニトマトでキューピッドのキス!

愛のシュリンプリゾット

至福のアスパラガス

そら豆のリゾット

アスパラとズッキーニのリゾット

◆◇ 艶話 ◇◆
パルミジャーノは媚薬素材

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。