もりつけひとくふう

スペシャル

パルミジャーノのお皿を使ってもうひとしな
Piatti al Parmigiano

パルミジャーノのお皿を使ったリゾットメニューを御紹介します。

ホワイトアスパラとズッキーニのリゾット ビスマルク風 パルミジャーノ添え
Risotto di Asparagi Bianchi e Zucchini alla Bismark con Parmigiano

【材料】二人分
イタリア米……………………160g
卵………………………………2個分
フレッシュ白アスパラガス…100~130g
ズッキーニ……………………1/2個
野菜のブイヨン………………約500cc
にんにく………………………1片
オリーブオイル………………大さじ2杯
パルミジャーノ………………大さじ2杯(すりおろし)
塩………………………………ひとつまみ
黒コショウ……………………適宜
シブレット……………………適宜(なくても可)

<パルミジャーノのお皿>
パルミジャーノ………………大さじ3~4杯(すりおろし)

【作り方】
<パルミジャーノのお皿を作る>
1. フライパンにすりおろしたパルミジャーノを入れ、底が見えない様、丸く薄く平たくする。

2. 弱火に火を入れ、ほんのりキツネ色になりそうな時、火を止め、絞ったタオルの上にフライパンをのせ、はじからそっとはずし、くぼみのある浅い皿にのせ、熱い内に皿型にする。

<リゾット>
1. アスパラガスは軽く筋をとり、食べやすい大きさに切る。ズッキーニも食べやすい大きさに切る。

2. 卵は、白ワインビネガー(分量外、酢でも可)を入れ、沸騰させた湯でポーチドエッグにする。

3. 鍋にオリーブオイル、にんにくを入れ、中火にし、にんにくの香りが出たら、アスパラとズッキーニを入れ、軽く塩をし、炒める。

4. 3の野菜にまんべんなくオイルが絡んだら、米を入れ、米粒にオイルがなじむように炒める。

5. お米がパチパチとしてきたら、溶かした野菜のブイヨンをひたひたに注ぎ、まぜながらリゾットを炊いていく。途中、水気がなくなったら足すという作業をくり返す(約20分)。

6. リゾットが炊けたら、火を止め、すりおろしのパルミジャーノを加え、ざっくりとまぜ合わせる。

7. 皿にパルミジャーノの皿を敷き、リゾットをのせ、まん中にくぼみをつけ、ポーチドエッグをのせ、黒コショウをふり、最後にシブレットを飾り、オリーブオイルをまわしかける。

【メモ】
・白アスパラガスが手に入らない場合、グリーンアスパラでもOK。
・最後にパルミジャーノを加えるので、塩は控えめにします。
・最後のパルミジャーノがリゾットをクリーミーに仕上げます。
・ポーチドエッグが苦手な場合、半熟のゆで卵でもOK。
・米はイタリア米が理想ですが、日本米でも「炊きすぎなければ」美味しくいただけます。
・シブレットの変わりにイタリアンパセリも可。なくてもOK。
・パルミジャーノもしくはグラナパダーノは、必ず「イタリア産」をお使いください。

失敗してもとってもオシャレ

天使の羽
失敗してもこんな風にあしらえれば天使の羽のようにオシャレに
ちょっと難しそう。そんなのできない。なんてことを思って、つい敬遠しがちですが、失敗しても美味しく、オシャレに食べられるのがポイントです。ただし、イタリアのパルミジャーノチーズかグラナパダーノの「すりおろしたて」を使うのがポイントです。
失敗したら、割って天使の羽のごとく、砕いて振りかけのようにしても、その食感たるやプロの味。サラダにも合わせやすい、万能の調味料になります。

■■おすすめリンク集
もりつけひとくふうvol.1 ひとくちサイズのカルパッチョ風タルタル
もりつけひとくふうvol.2 生ハムと秋の果物はこちらをどうぞ
洗う手間を省いたパーティーに最適のドルチェオレンジのクリームもどうぞ
イタリアンキッチンツール vol.1 パセリのみじん切り機
イタリアンキッチンツール vol.2 パスタロボ@ラゴスティーナ

イタリアンキッチンツール vol.3 木のまな板


<<前へ 1 / 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。