艶話 No.1
@イタリアン


媚薬のパルメザンチーズ

媚薬のパルメザンチーズ

after
パルミジャーノの最後のひとふりが肝心!

イタリアでは日常的に登場するパルミジャーノ・レッジャーノチーズ。
このチーズが媚薬? というとピンとこないかもしれませんが、使う量に秘密があるのです。


パルミジャーノ・レッジャーノは、イタリア エミリア・ロマーニャ州のパルマ地区からレッジョ・エミリア地区を中心に生産される熟成タイプのチーズです。このチーズは、なんと2000年も前から作られていたともいわれている、とても古くから大切にされているチーズなのです。
徹底した管理の下、15~18ヶ月以上熟成されるハードタイプのパルミジャーノチーズは、すべてがそれになれるわけではなく、基準をクリアしたチーズだけが、パルミジャーノ・レッジャーノと名乗ることができるチーズなのです。熟成を重ねれば、重ねる程、風味も価格も増すパルミジャーノは、昔は銀行からお金を借りるのに、このパルミジャーノチーズが担保になってもいました。
その大きさは、重さ約30kgとかなり大きいもの。よくレストランで真ん中に穴を掘り、リゾットを和えたりするシーンで使われていますよね。

「パルミジャーノで育った!」

パルミジャーノは、なんといってもイタリア人が最も愛すべき食材のひとつ。
なにせ赤ちゃん時代から食べられるのもポイントの一つです。
だからイタリア人達は「私はパルミジャーノで育った!」 とよくいうものです。
これは大人になっても変わらず、小腹が空いたりしたら、ちょっとパルミジャーノをかじってみたりというのは、ごくごく普通に見られる光景です。

低脂肪、高栄養素もポイント


さて、このパルミジャーノですが、生乳100%のナチュラルチーズ。子供にも与えられるから、安心な食材です。脂肪分、コレステロールが低い割には、栄養価高く、プロテインやカルシウムが豊富。ビタミンは、リン、B2ともに豊富に含まれています。
そして、イタリアでは、このパルミジャーノをふんだんに使うと、ちょっと「媚薬」の役割も果たします。これはパルミジャーノだけではなく、同じ製法で作られるグラナ・パダーノも同じ。ふんだんにこれらを使った料理は、アフロディズィアカ(媚薬)的な料理だ、という意味にもなるのです。
ちょっといつもに増して、パルミジャーノチーズの分量を増やしてみませんか?

◆◇ おすすめイタリアン媚薬レシピ ◇◆
ミニトマトでキューピッドのキス!

愛のシュリンプリゾット

至福のアスパラガス

そら豆のリゾット

アスパラとズッキーニのリゾット

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。