今日は、炊飯器で鶏肉と生のオレンジを炊きました。 淡白な鶏胸肉に、甘酸っぱいオレンジソースがからんだ、爽やかで美しい料理が完成しましたのでご覧ください。周りに散りばめてあるのは自家製ドライトマトです。

炊飯器クッキングレシピ集
初心者必読!炊飯器クッキングの基礎知識
ガイド著書【炊飯器で作るからおいしい】

 

炊飯器cooking

チキンのオレンジ煮

オレンジチキン


使用した材料 5合炊き炊飯器使用

・鶏むね肉 ..................大2枚
・グラニュー糖 ...............15g
・オレンジ ...................1個
・酢 .................大さじ1
・コーンスターチ ..........3本指で1つまみ
・コアントロー(又はブランデー) ...........小さじ1
・塩コショウ ....................適量
・しょう油 ....................大さじ1
・皮用砂糖 ....................大さじ2~3


作り方

1. ナイフで、オレンジの皮の白い部分をなるべく取り込まないように薄くむき、 実の半分は1個ずつ薄皮を取り、残りは絞って果汁を取る。

【オレンジピールの即席砂糖煮】
皮を千切りにし、沸騰したたっぷりの湯に入れ、5分ほど茹でてザルに取り、苦味を抜くために、もう一度新しい湯でゆでてザルに取る。小鍋にあけて、砂糖を加え、弱火にかけ、鍋をゆすりながら煮て、溶けた砂糖が皮にからまってツヤが出たら、クッキングペーパーに広げて冷ます。

2. 内釜にサラダ油をぬってグラニュー糖を敷く。 鶏肉の水分をふきとり、きつめに塩コショウして、皮を下にして内釜に敷き詰めるように入れ、まわりの鍋肌にくっつくようにオレンジの実を並べる。

3. 果汁、酢、しょうゆ、コアントロー、コーンンスターチ(なければ片栗粉)を混ぜて、肉の上に注ぎ入れ、普通に炊く。

4. スイッチが切れたら鶏肉を取り出す。

5. 食べやすい大きさに切って皿に盛り、 鍋に残った煮汁をかけ、皮の砂糖煮を飾る。

ポイント
鍋底に敷いたグラニュー糖が、炊くことによって、自然にカラメル状になり、焼き色をつけ、香ばしさを生み出します。オレンジの皮の砂糖煮は、 残ったらクッキーやケーキやパン等に利用できます。オレンジの実は、煮汁と混ざってとろとろのソースになります。

使用したのはSANYO IHジャー炊飯器 1.0L(5.5合)


昨日紹介したのは【お釜でベーコンエッグライス】 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。