基礎を作る

基礎束石
基礎となる束石を配置しているところ。水糸を張って、等間隔に配置。
基礎作りはデッキ製作の要で、ここができればデッキ製作の半分が終わる…といっても過言ではないでしょう。

基礎については「資材を揃える」の項でも紹介したように、様々な方法があります。
使用する束材は、デッキ設置面の状態、必要個数、価格などを考慮して選びましょう。
ちなみに我が家のデッキでは、羽子板付きの束石を使用しました。

まず、デッキの設置場所を確認しましょう。
四隅に遣方(やりかた)杭を打ち込んで丁張(ちょうはり)を立てると良いのですが、DIYでは省略しても良いでしょう。
設置面が平らで硬い場合は、そのまま設計図の通りに束を配置していきます。
地面が柔らかい場合は、束石の入る部分を10~20cmほど掘り、下に砕石を入れて突き固めた上に砂またはモルタルを入れ、束石を載せます。このとき、束石が水平かどうかを確認しておきます。
我が家のデッキでは、更に束石の周囲にモルタルを入れてありますが、通常は必要ないと思います。

配置した基礎に、束柱を立てます。
束柱は…
束柱の高さ=デッキの仕上がり高さ-束石の高さ-床材の厚み-5~10ミリ
…の長さでカットします。

但し、フェンスを付ける予定で、その支柱を束柱と兼用にする場合は…
束柱の高さ=フェンス支柱の仕上がり高さ-束石の高さ
…となります。

羽子板つきの束石使用の場合は、束柱を羽子板にネジ止めしておきます。

レベル出し
水平器、水糸を使いレベル調整しながら、束柱に根太をつけていく
さて、ここでデッキ製作最大の難関「レベル(水平)出し」に入ります。
束材にレベル調整可能な鋼製束を選んだ方は楽にできるはずですが、私が使用した普通の束石では、これが一番厄介な作業になります。

今回は束石間のレベルは無視して、根太張りの段階でレベル出しをする手法(前編・デッキ製作の手法の2.)に決めていました。
基礎段階でレベル調整をする手法(前編・デッキ製作の手法の1.)では、重い束石を何度も取り除けて下に砂を入れたり、取ったりという苦労が生じるからです。

束柱が立った段階で水糸を張り、根太が水平になるように調整しながら束柱にネジ止めしていきます。

水糸
水糸の張り方
水糸の張り方は、まず細い透明チューブ(ホームセンターのホースコーナーにある)に水を入れ、マジックで基本線を入れておきます。
次に、水平を図りたい部分の両端にこの印を当ててみます。
もし印よりも水が下になっている場合は、そちらが低いということになります。


根太をつける

根太
床板を支える根太をつける
束柱が立ったら、次は床を支える根太を取り付けます。
前項の手順で水糸を張ってレベル出しをしながら、束柱に根太を張っていきます。
根太の張り方は、床材をどのように張るかで変わってきますが、常に「床板に対して直角に」が基本となります。
根太の間隔は60cmくらいが理想ですが、重い物が乗ったり、常に力が掛かるような場所は、根太の間隔を狭くして耐荷重をアップさせます。


次ページでは、床、床下収納についてお話します>>次ページへ