1×4材で棚をDIYしよう! 作り方を解説

1×4材で棚をDIY

高さ600、幅490、奥行き200mmの棚

DIYで人気の材料、1×4材を使って棚を制作します。棚の幅、奥行き、高さや段数は、自分好みのサイズで作ってみましょう!
   

DIYの棚の作り方……用意するもの

材料は1×4材(19mm×89mm×1820mm)

材料は1×4材(19mm×89mm×1820mm)

■材料(1×4材・長さ1820mmを4本)
側板:4枚(600mm)
棚:6枚(450mm)
棚受け:6枚(43mm×150mm)
※1×4材を縦半分にカット
背板:3枚(490mm)



 
上から600、490、450、43×150mm

上から600、490、450、43×150mm

ホームセンターではカットサービス(有料)を行っているところがあるので、利用すると便利です(参照:ホームセンターのサービスを活用しよう)。その際、右上のような木取り図や設計図を事前に書いておくとスムーズです。ノコギリの刃の厚み分(約3mm)ほど材料が短くなるので、板の長さには余裕を持ちましょう。



■道具
  • ドライバー(+2番)                  
    最初に道具、材料をそろえておくと制作がスムーズです

    最初に道具、材料をそろえておくと制作がスムーズです

  • キリ
  • ネジ(細ビス)3.3mm×30mm使用
  • 木工用接着剤
  • 定規
  • 紙やすり(180番)
 
 

1×4材でできる! 収納棚の作り方

棚受けの取り付け

棚受けの取り付け










1:棚受けの位置決め
側板(がわいた)に棚受けを取り付けます。1番上は棚と側板の高さがピッタリになるように組み立てるので、板の厚み分あけた位置に取り付けます。
 
ネジのミゾからドライバーがはずれないよう上からしっかり押しつけながら回します

ネジのミゾからドライバーがはずれないよう上からしっかり押しつけながら回します


 
2:棚受けの取り付け
棚受けの幅の真ん中で両端から2cmのところに、キリでしっかり下穴をあけます。側板と側板の間に木工用接着剤を塗り、2枚の板を貼り合わせます。棚受けと側板の間にも木工用接着剤を塗り、ドライバーでネジをとめます。電動ドリルドライバーがあると短時間で作業できて便利ですが、釘で組み立ててもOKです。
 
側板と側板の間(赤いラインのところ)

側板と側板の間(赤いラインのところ

 
3:2つ制作
2の手順をくり返し、同じものを2つ制作します。棚受けの高さが一緒になるように組み立ててください。手順2で、忘れずに側板と側板の間にも木工用接着剤を塗りましょう。
 
しっかり下穴をあけてネジをとめましょう

しっかり下穴をあけてネジをとめましょう


 
4:棚の取り付け
棚と棚の間に木工用接着剤を塗り、2枚の板を貼り合わせます。そして棚と棚受けが接するところにも木工用接着剤を塗り、側板の外側からネジをとめます。
 
側板、棚板にネジをとめましょう

側板、棚板にネジをとめましょう


 
5:背板の取り付け
背板(せいた)を取り付けます。側板と棚板にかかるように背板を接着します。そして背板から側板へ左右2か所ずつ、棚板へ真ん中1か所ずつ、ネジでとめます。
 
木片は手の大きさにあったものが使いやすいです

木片は手の大きさにあったものが使いやすいです


 
6.仕上げ
最後に180番の紙やすりをかけて、角をなめらかに仕上げましょう。角をもっと丸くしたい場合は120番の粗めの紙やすりを使います。紙やすりを木片に巻くと使いやすくなります。
 
完成した棚はアイデア次第でもっと素敵に

完成した棚はアイデア次第でもっと素敵に

 
完成!
およそ2時間ほどで出来上がります。

もっと大きなサイズの棚を制作する場合でも、この作り方が基本となります。今回は全て1×4材で制作しましたが、材料を変えてもOKです。例えば背板にはもっと薄いベニヤ板を貼ってもいいでしょう。色を塗ったり、絵を描いたりするなど、アイデア次第で素敵な棚に仕上がります。ぜひ自分好みのオリジナル棚制作を楽しんでください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。