子育て準備にDIY!手作りベビーベッドに挑戦!

ベビーベッドを買うかどうか迷っている方はたくさんいらっしゃると思います。成長したらすぐ使わなくなるし、でも買うと高いし……などなど赤ちゃん誕生が近くなると悩むママのお話を耳にします。悩んでしまうくらいなら、DIYしてみましょう! 自分で作れば後で違うものに作り替えられるし、何よりここで眠っている姿を想像すると楽しくなっちゃいます。かなり大作になりますが、産まれてくる赤ちゃんのためにベビーベッドの手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?
ベビーベットのDIYに挑戦!作り方も解説

ベビーベッドに挑戦!

初めての大作をDIYする方にとっては長いネジをとめるのは難しい作業です。プレママや初めての方はちょっと木工作業を減らして、布などでアレンジを楽しんでくださいね。慣れている方や全部木工でという方は、柵と柵の間は赤ちゃんが落ちないよう、もっと狭くなるように本数を増やしてくださいね。
   

置き場所に合わせた寸法を考えた設計を!

■まずお布団のサイズを決めましょう。市販のベビー布団は90cm~120cm。幅と長さを決めてください。

■高さを考えます。ベッドに寝かせたままオムツを替える場合は自分の楽な高さを決めます。

他にベッドを置く場所、ご自身の体力などを考えて無理のない寸法を考えて下さい。一番大事なのはお布団が入る内寸(幅と奥行き)です。
今回マットレスのサイズが90cm×60cmが入るタイプを制作します。ご用意するマットサイズに合わせて寸法は参考にしてください。
 

ベビーベッドのDIYに挑戦!作り方を紹介

パーツ事に組み立てる

パーツ事に組み立てる

大きいものは組み立てが大変です。出来るだけ分けて組み立てていきます。壁側が背板、前が扉、左右が側板、お布団をのせる板が底板上、下段の物入れが底板下と6パーツに分けます。
 

ベビーベッドの背板の組み立て

ホームセンターのカットサービスを利用すると便利

ホームセンターのカットサービスを利用すると便利

材料

A:30mm×40mm 長さ90cm・・・2本(縦)
B:19mm×38mm 長さ83cm・・・4本(縦)
C:19mm×38mm 長さ88cm・・・2本(横)
D:30mm×40mm 長さ90cm・・・1本(横)

 
どんな形になるかイメージします

どんな形になるかイメージします

仮組み

材料だけだとどういう形に組んでいいかわからなくなるので、仮組みをします。材料を並べてみて、イメージします。寸法に間違いがないかの確認にもなります。写真の上下がA。縦がC、その間がBになります。
 
組み立て方
 
印つけ

印つけ

1.端から板厚分の隙間をあけて、Aの板にCの板をあてて、線をひきます。木の端から遠い方が木が割れづらくなります。
厚みが違うので、片側がピッタリ揃う位置に印をつけましょう。
 
左右対称に

左右対称に

2.枠の線の中にネジをとめる印をつけます。枠線の1/4くらいを目安に印をつけましょう。2本とも上下に印をつけます。
 
ダボ錐

ダボ錐

3.板の厚みがあることと、ネジが見えない仕上がりにしたいので、埋め木をします。そのためにダボ錐というビットを使って穴をあけます。
今回は8mm用のダボ錐を使っていますが、8mmより少し小さいドリルビットでも代用できます。
 
ネジの頭が入る穴があきます

ネジの頭が入る穴があきます

4.写真のような穴があきます。穴をあけると長いネジをとめるのも楽になります。仕上がりもきれいだし、一石二鳥です。
 
ネジよりひと回り小さいサイズで

ネジよりひと回り小さいサイズで

5.ダボ錐であけた穴の中心に貫通でネジの下穴をあけます。長いネジを使うので下穴をあけた方が木を割らずに作業がしやすくなります。
 
すき間ができないようしっかりとめます

すき間ができないようしっかりとめます

6.合わせる側を下向きにして、AとCをしっかりと50mmのネジでとめます。作業に慣れてない方は先に木工用接着剤や両面テープで固定してからネジをとめると作業が楽になります。
 
Bを等間隔にとめます

Bを等間隔にとめます

7.AとCをネジでとめ終わったら、次はBをとめます。等間隔に並べて、ダボ錐と下穴をあけてBをネジでとめていきます。
 
線に合わせてとめます

線に合わせてとめます

8.次にDをBの長さの真ん中にとめます。好みの高さに合わせて、多少上下してもOKです。
端は板厚分、内側になる位置に合わせます。Bと交差した箇所を1カ所ずつ35mmのネジでとめます。