赤ちゃんの寝具・ベビー布団の選び方!眠る環境作りは大切

赤ちゃんの布団や寝具の環境はとても大切

赤ちゃんの布団や寝具の環境はとても大切

新生児・赤ちゃんの生活は寝てすごす事がほとんどなので、布団や寝具の環境はとても大切になってきます。日本は春夏秋冬などの四季があるので、それぞれのライフスタイルや赤ちゃんの肌に合った布団や寝具選びが重要です。


寝具は布団がいい? ベビーベッドがいい?

赤ちゃんと布団

布団の場合はすのこを敷くと通気性がよくなる

日本には四季があり、布団やベットを置く場所、日中と夜寝る時の場所によっても布団がいいかベッドがいいかは違います。

上の子がいたり、ペットを飼っているお家、またはママに腰痛がある人は、ベビーベッドのほうがおむつ交換がしやすく、安全面でもよいと思います。

布団の場合は冬場など布団の中で授乳できたり、添い寝ができるので、特に1ヶ月健診前の床上げ前までの時期は便利だと思います。

ベビーベッドや布団はそれぞれの利点がありますし、部屋のスペースの問題もあるので、自分の生活スタイルに合う方を選びましょう。


季節によって寝具・布団の素材を選ぼう

赤ちゃんと布団

真冬でもこの枚数で十分

寝具

赤ちゃんの肌に接する部分はバスタオルなどの綿素材が好ましい

一般的に赤ちゃん用に販売されているセットの組布団は新生児~半年の赤ちゃんにとっては重たく、とてもかさばり、身動きしずらいもの。なので、少し大きくなってから使用するとよいでしょう。

ベビー布団でもベットでも、下に敷く部分は四季を通じてマットレス+防水シート+シーツ+バスタオルを下に敷きます。

昔はマットレスの上に敷き布団なども敷きましたが、窒息などの危険もあるので、寝るところは硬めにするのが基本です。

シーツだけでもよいのですが、すぐミルクを吐いたり、うんちやおしっこなどで汚れやすいので、バスタオルを敷いておくとすぐ交換や洗濯ができて便利です。


上に掛ける寝具は季節別!春夏秋冬の温度調節をする

季節に応じて、赤ちゃんの上掛け寝具は、以下を基本に調整するとよいでしょう。
  • 【春、秋】 バスタオル1枚+毛布
  • 【夏】 スポーツタオル1枚、もしくはガーゼケット1枚
  • 【冬】 バスタオル1枚+毛布+布団
上に掛けるものは、春、秋はバスタオル1枚+毛布、夏はスポーツタオル1枚をお腹が出ないように羽織るだけで大丈夫。夏場は汗が発散しやすいガーゼケットやワッフル織りがさらっとしていてよいでしょう。冬はバスタオル+毛布+布団が基本です。

赤ちゃんに直接触れる寝具は、綿素材のバスタオルやスワドル(おくるみ)が適しています。直接毛布などをかける場合でもガーゼなどののカバーリングをするとよいでしょう。

冬場でも暖房で部屋全体を温めておけば、たくさん布団を掛けなくても大丈夫です。また逆に夏場でも冷房を効かせている環境であれば、足や手が冷えないようにバスタオルで覆うことも必要かもしれません。

赤ちゃんにとって快適な温度は18~24度、湿度は60%と言われていますが、必ずしもその通りにならなくても大丈夫。赤ちゃんの足が冷たくないか触ったり、首の後ろに指を入れて汗ばんでいないかなど、ママの体感で判断するようにしましょう。

>> 次ページでは「ドーナツ枕は必要か?」について説明します。