ふすまの張り替え・壁紙を使った洋風アレンジをDIYで!

ふすまの張り替え・壁紙を使った洋風アレンジをDIYで

ふすまを張り替えると、ガラリとイメージチェンジできます

和室の押し入れや間仕切りなどに使われているのが「ふすま」。なかなか自分で張り替えをするのは難しいと思っている方が多いようです。

たしかに本格的に張り替えるには手間がかかり大変ですが、初心者にも簡単にできる、ふすま紙の張り替え方法もあります。

ふすま紙は和のイメージが強くなりますが、洋室のイメージにしたい場合は壁紙を貼る方法もあります。ふすまは部屋の中で占める面積が大きいので、張り替えると部屋全体のイメージが変わります。簡単な方法から思い切ってふすまを貼り替えてみるのも楽しい作業ですよ。

【目次】

ふすまの種類

■本ふすま
ふすまの種類:本ふすま

枠の取り外しできるのが本ふすま

木の格子状の骨組みに和紙が下張りしてあります。軽いのが特徴で、周囲の枠は外すことができます。押し入れのふすまに使われることが多く、昔から伝わる代表的なふすまです。手で触ると骨組みがわかります。

■戸ぶすま
ふすまの種類:戸ぶすま

枠は外れません

骨組みの上に合板をはったふすまです。和室と洋室の間仕切りに使われていて、片面はふすま、反対面は壁紙や化粧合板が貼ってあります。枠は外すことができません。

■発砲スチロールふすま
プラスチックを芯材にして、上にふすま紙が貼ってあります。軽いことが特徴で、枠を外すことができません。

■段ボールふすま

3層ぐらいに重ねた段ボールの芯材の両面に湿気防止のアルミ箔を重ねてふすま紙が貼ってあります。軽いことが特徴で枠を外すことができません。

ふすま紙の種類

ふすま紙には、アイロン貼りタイプや切手のようにのりがついている再湿タイプなどがあります。初心者には枠を外さずに貼れるので、アイロンタイプがおすすめです。ただしプラスチックふすまやビニールふすまには貼ることができないので、ふすまのタイプも確認してください。

ふすま紙の選び方・注意点

ふすまは通常2、3枚程度であれば、上から重ねて張ることができます。しかしふすま紙によっては下の柄が透けて見えてしまったり、重ね張りが出来ないものもあります。ふすま紙を購入するときに、説明書などで確認しましょう。

アイロン貼りは下地も透けず、糸入りのふすま紙の上からでも重ね貼りができ、次に貼り替えるときもアイロンをかけながら剥がすことができます。

ふすま紙の張り替え・下準備

■必要な道具
ふすまの張り替えに必要な道具

左からなでバケ、カッティングメジャー、引き手外し、カッター、引き手釘打ち、金槌

  • 枠剥がし(代用可)
  • 金槌
  • 引き手釘打ち(代用可)
  • カッター
  • マスキングテープ
  • カッティングメジャー
  • 他にはニッパー、竹ベラ(代用可)、枠を外す場合は木槌、当て木など

■手順1:全体を軽く拭く
数枚ふすまを張り替えるときは、元の位置に戻せるよう、番号を書いておきます。そしてかたく絞ったぞうきんで全体を軽く拭いて、表面のほこりや汚れを取りましょう。

■手順2:引き手を外す
ふすまの張り替え・下準備

ふすまと引き手の間に差し込みます

引き手は上下、1本ずつ釘(クギ)でとまっています。枠剥がしを引き手とふすまの間に差し込み、引き手をゆっくり起こします。

下が傷ついてしまいそうな場合は、金槌の柄などを入れてテコの原理で持ちあげます。少し起こすことができればOKです。

■手順3:釘を抜く
ふすまの張り替え・下準備

引き手を外したところ

少し起こしたあと、引き手を元に戻します。すると釘の頭が出てくるので、釘を抜きます。専用の釘抜きを持っていない場合はニッパーなどで軽くつまんで抜きます。もう片方は釘の反対方向に引き手を引っ張ると釘が外れます。

ふすま紙・アイロン貼りタイプの貼り方

ふすま紙・アイロン貼り

アイロン貼りのふすま紙。柄や無地のタイプがあります

枠を外さずに張れるので、初心者におすすめです。ただし、発砲スチロールふすまやビニールふすま紙の上から貼ることはできません。というのも、発砲スチロールふすまはアイロンの熱で溶けてしまうことがあるからです。

アイロンで貼ったふすま紙は、剥がすときもアイロンをあてて剥がすことができます。

■手順1:下地処理

ふすま紙・アイロン貼り

茶チリ紙を貼るときは周囲にのりをつけます

破れがある場合は下ばり用補修紙や茶チリ紙を貼って補修しましょう。小さな穴や破れはそのままで大丈夫です。
ふすま紙・アイロン貼り

アイロンが枠にかかるとのりが取りづらくなります

そして枠にのりがつかないようにマスキングテープを貼ります。
 
■手順2:位置合わせ

ふすま紙・アイロン貼り

無地タイプは柄合わせ無しで貼れます

柄の位置や高さを合わせます。上下左右約1cmほど大きくふすま紙をカットします。柄合わせラインが入っているタイプは下枠にラインを合わせます。
 
■手順3:印をつける

ふすま紙・アイロン貼り

枠の位置がわかるように

アイロンをかける目安にするため、枠の内側に沿って、つめか竹ベラで印をつけます。印がわかりづらい場合は折り目をつけましょう。

■手順4:アイロンがけ
ふすま紙・アイロン貼り

アイロンの重さでかけるようにします

アイロンの準備をします。アイロンに水を入れて高温スチームの設定にします。ふすま紙がずれないように中心から上下に向けてアイロンがけをします。スチームがしっかりかかるようにアイロンの先端を前に動かします。アイロンはゆっくり動かしてください。速く動かすと接着がうまくいかない場合があります。

■手順5:全体にかける
ふすま紙・アイロン貼り

空気を追い出すように全体に

アイロンは全体にかけていきます。中心から上にかけたあと、中心に戻り右にずらしながら数回に渡って枠までアイロンをかけます。次は左にといった感じで、内側から外側に空気を逃がすように繰り返しかけていきます。

アイロンは全体にかけるようにしてください。アイロンを押し付けすぎると本ぶすまの場合は骨組の跡がついてしまう場合があります。すべらせるようにかけてください。

■手順6:ふすま紙のカット
ふすま紙・アイロン貼り

刃はこまめに交換を

内枠に沿ってカッターで切っていきます。本ぶすまは枠とのすき間に入るよう垂直に下向きに、戸ぶすまは下のふすま紙を切ってしまわないようにカッターの刃先を枠側に斜めに向けて、刃を寝かせた状態できっていきます。 カットしたあと、仕上げに枠の内側にアイロンをかけます。

■手順7:引き手をつける

ふすま紙・アイロン貼り

8等分の切りこみを入れます

アイロンをかけ終わったらマスキングテープを剥がします。そしてふすま紙をなでて引き手部分を探します。そしてカッターで切りこみを入れます。
ふすま紙・アイロン貼り

引き手釘打ちがあると便利です

そして引き手をはめ込んで釘を打ち込みます。釘は斜めに入っているので、釘打ちや専用の引き手釘打ちを使って打ち込みましょう。

ふすま紙・再湿タイプの貼り方(本格張りのやり方)

ふすま紙・再湿タイプの貼り方(本格張りのやり方)

再湿タイプのふすま紙

本ふすまの枠を外して貼る方法です。2人でやった方がスムーズに作業できます。戸ぶすまや他のふすまの枠は外すことができないので、枠を外さずに貼りましょう。

下地のふすま紙によっては剥がさないと貼れない場合があります。下地のふすま紙を剥がした場合や下の柄が透ける場合は茶チリ紙を全面貼りしてください。
ふすま紙・再湿タイプの貼り方(本格張りのやり方)

多少の曲がりやシワは気にしなくてOKです

茶チリ紙は外側四方5mm程度にのりをつけて1枚のふすまに6枚使って張り付けます。

■手順1:枠を外す
ふすま紙・再湿タイプの貼り方(本格張りのやり方)

軽く叩いていきます

枠にマスキングテープで枠の上下左右を書いておきます。折れ合いクギ式やスクリュークギ式のものは、通常、上から下へ木づちで当て板をして軽くたたくと外れます。
ふすま紙・再湿タイプの貼り方(本格張りのやり方)

左右均等に少しずつ外していきます

上下の枠は釘で止まっているのでワク外しなどで外します。左右の枠は釘打ち式の場合はワク外しなどで外します。

見分ける方法は枠の表面に釘の頭が見えるかで判断してください。上下に釘が見えない場合は枠自体取り外すことができません。
ふすま紙・再湿タイプの貼り方(本格張りのやり方)

写真はスクリュークギ式

折れ合いクギ式やスクリュークギ式はスライドして外せる構造になっています。枠を外すときは無理をしないようにしてください。

■手順2:ふすま紙を切る
ふすま紙・再湿タイプの貼り方(本格張りのやり方)

柄がある場合は位置に気を付けてください

ふすま紙の巻きぐせをとってから、ふすま紙を下にひきます。そしてその上にふすまを置いて1cmほど大きくなるように切ります。

■手順3:水をつける
ふすま紙・再湿タイプの貼り方(本格張りのやり方)

ムラなく水を塗っていきます

ふすま紙の裏面を上にしてスポンジでたっぷりと水をつけます。ムラなく全体に水をつけてください。水をつけたあとはそのまま2、3分置いてなじませます。

■手順4:ふすまをのせる
ふすま紙・再湿タイプの貼り方(本格張りのやり方)

のりシロが四方に出るように

ふすま紙の上に2人でふすまを均等に余白が出るように置きます。そしてふすま紙ごとふすまを表に返します。

■手順5:ふすま紙を貼る
ふすま紙・再湿タイプの貼り方(本格張りのやり方)

乾いたタオルでも代用できます

なでバケで内側から外側に空気を押し出すようにします。シワができてしまった場合は一度シワの所まで剥がして、なでバケで空気を押し出すように貼り直します。

■手順6:側面を貼る
ふすま紙・再湿タイプの貼り方(本格張りのやり方)

釘の部分は切り込みを入れます

側面に折り込むように空気を押し出すように張っていきます。枠の厚みの半分を目安に余分な紙をカットします。
ふすま紙・再湿タイプの貼り方(本格張りのやり方)

三角につまんでカットします

角の重なる部分も切り落としておきます。

■手順7:引き手の取り付け
ふすま紙・再湿タイプの貼り方(本格張りのやり方)

紙は水で伸びるので乾燥すると縮みます

本体を立てかけて、裏面にも全体的に軽く霧吹きをかけます。片面だけ湿った状態だと反る可能性があります。このときに水をかけ過ぎないように注意してください。貼ったばかりのときはたるみがありますが、乾燥後は縮んで紙がピンとなります。

そして陰干しで乾燥させましょう。日当たりのいい場所やストーブの近くに置いておくと反ってしまう場合があるので気をつけてください。そして、引き手の位置にカッターで切りこみを入れて引き手を取り付けます。

■手順8:枠の取り付け
ふすま紙・再湿タイプの貼り方(本格張りのやり方)

スクリュークギ式は穴に合わせていれます

マスキングテープでつけた目印通りに枠を戻します。左右の枠を上下間違わないように下から上へたたいて取り付けます。そのあと、上下の枠を取り付けて完成です。

壁紙を使った、ふすまの洋風アレンジ方法

壁紙を使った、ふすまの洋風アレンジDIYの方法

壁紙は柄が豊富です

和柄ではなく洋風な柄がいい、もっと個性的な柄にしてみたい方は壁紙を貼ることもできます。
壁紙を使った、ふすまの洋風アレンジDIYの方法

上が輸入壁紙、下が国産壁紙

国産の壁紙と輸入壁紙では幅が違います。国産の壁紙は幅が広く、1枚でふすまを貼ることができますが、輸入壁紙は幅が狭いので2枚貼りになります。ふすまに貼る場合は1枚で貼れる国産壁紙を選んだ方が無難です。プラスチックふすまや段ボールふすまなどは両面テープで貼ってください。

ふすまへの壁紙の貼り方

■手順1:のり付け
壁紙を使った、ふすまの洋風アレンジDIYの方法

のりを内側にたたんでおくと持ち運びが便利です

引き手と枠を取り外します。枠を外さない場合はを枠にのりがつかないようにマスキングテープを貼りましょう。

壁紙の長さをふすまよりも5cmほど長めにカットします。国産壁紙はのり付きのタイプとのり無しのタイプがあります。のり付きの場合は裏のフィルムを剥がします。のり無しの場合は裏側にのりをつけます。

■手順2:壁紙を貼る
壁紙を使った、ふすまの洋風アレンジDIYの方法

空気を押し出すようにします

国産壁紙はミミと呼ばれる左右に柄が入っていない部分があります。上下左右おおよそ均等にはみ出すように壁紙を置いて下さい。中央からなでバケを使って空気を出すように貼っていきます。

■手順3:壁紙のカットと乾燥
壁紙を使った、ふすまの洋風アレンジDIYの方法

写真では竹ベラを使っています

枠の内側に沿って、つめや竹ベラで印をつけていきます。地ベラやカッティングメジャーをあててカッターでカットします。
壁紙を使った、ふすまの洋風アレンジDIYの方法

たわみは無理に引っ張らないようにします

引き手を戻して、裏面に全体的に霧吹きをかけます。反り防止のために裏面も同様に壁紙を貼る方法もあります。風通しの良いところで両面を乾燥させてください。貼りたては全体がたわんでいるように見えますが、水で伸びているためなので乾くと張ってきます。

マスキングテープでアレンジDIY! 全部張り替えなくても大丈夫

マスキングテープを使った、ふすまのアレンジDIYの方法

幅広のマスキングテープ

全部を張り替えるのは大変という方におすすめなのが、アイロンで貼れる和紙のシートやマスキングテープです。特にマスキングテープは気軽に貼って剥がせるので、試しにやってみたい方にはおすすめです。

引き手周りは汚れが目立ってしまうことがあるので、汚れ対策にもなります。
 
■手順1:目安の紐をつける
マスキングテープを使った、ふすまのアレンジDIYの方法

引き手周りに貼る場合は引き手を外します

今回は幅広のマスキングテープを使います。真っすぐに貼るために紐を目安の線にします。水平を測って紐を枠の両端にマスキングテープでとめます。

■手順2:マスキングテープを貼る
マスキングテープを使った、ふすまのアレンジDIYの方法

紐を目安に貼ります

枠の内側にピッタリ合わせるのは難しいので1cmほどはみ出すように貼り始めます。貼ったところは手で上から押さえていきます。

■手順3:余分をカット
マスキングテープを使った、ふすまのアレンジDIYの方法

マスキングテープは軽い力で切ることができます

マスキングテープの余分をカッターで切り落とします。今回は戸ぶすまに貼ったので枠側に刃先を倒し気味にしてカットしています。下のふすま紙を切らないように気をつけましょう。
マスキングテープを使った、ふすまのアレンジDIYの方法

マスキングテープの切り張りも楽しいです

引き手を戻して完成です。10分ほどで出来る簡単な作業です。

* * * * *

ふすま紙は紙が水で伸びたり、縮んだりするので、初めての方には難しい作業かもしれません。しかし下地にふすま紙が張ってあれば、あとから剥がすこともできるので、まずは上張りから挑戦してみてください。

両面テープで貼る場合は、のりと違って貼り直しがきかない分難しさもありますが、どのタイプのふすまにも使うことができます。両面テープの場合は剥離紙を剥がしたあと、少しずつ慎重に貼っていきましょう。

貼るまではという方も、引き手を変えるというイメージチェンジ方法もあります。径が同じであれば交換することができます。木のタイプや白色などさまざまなタイプが市販されているので、好みのものが見つかるかもしれません。

和室の考え方もさまざまです。自由に発想してぜひ空間作りを楽しんでください。

ふすまだけでなく、障子も簡単にDIYできます。こちらでは障子の補修や障子紙の張り方についても詳しく紹介しています。ぜひ挑戦してみてください(→ガイド記事「障子の張り替え&補修方法と剥がし方、自分で簡単DIY

【関連記事】
トイレのイメチェン!クッションフロアを貼替えよう
DIYで二重窓!節電になる内窓の作り方
壁を傷つけない!壁棚収納「ディアウォール」の作り方
DIYで押し入れリフォーム!中段を外し理想の空間に
賃貸でもできる、洗面所の床の模様替え方法


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。