9月23日は秋分の日。彼岸は彼岸会(ひがんえ)ともいい、春分の日、秋分の日を中心に前後三日、合わせて七日間をいいます。この期間に先祖供養が行われるわけですが、単に「彼岸」というと春の彼岸をいい、秋の彼岸は「秋彼岸」または「後の彼岸」といいます。

よく「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが、お彼岸はどうやら季節の変わりの分岐点でもあるようです。今回はお墓参りなど、お彼岸の過ごし方をお伝えします。


自分自身を見つめなおす


お彼岸
仏壇がある家では彼岸前には掃除をし、花などを生け、ぼたもちなどをお供えします。
仏教の世界では、彼岸は向こうの岸に渡ること。つまり迷いのこの世界(此岸:しがん)から川の向こうの悟りの世界(彼岸)に渡ることを願い、普段の行いを慎むようにとされていました。それが春分の日、秋分の日と結びつき、お墓参りをするという年中行事となったのです。

またこの時期は太陽が真西に沈むので、真西には極楽浄土があるという仏教説から、お彼岸と結びついたとも言われています。ご先祖様の感謝を思い、充実した毎日をおくれるように、自分自身を見直す良い機会かもしれませんね。


お彼岸を迎える心の準備


■お彼岸を迎える前
仏壇、仏具をきれいにお掃除、故人のゆかりあるお花や供物を供えます。もちろんお墓も忘れずに掃除をしておいて下さいね。

■お彼岸の期間中
家族そろってお墓参りをするのが慣習になっています。たいていのお寺では、この時期には彼岸会(ひがんえ:彼岸に行う法要)が行われます。案内のはがきが届くようになっていますので、できるだけ参加した方がよいと思います。

■仏壇にお供えする「ぼたもち(牡丹餅)」と「おはぎ(お萩)」
春のお彼岸には「ぼたもち」をお供えします。文字どおり、牡丹の花が咲く春の彼岸に作ります。「おはぎ」は萩の咲く秋の彼岸といいますが、どちらも米と餡でつくった同じもの。春は牡丹、秋は萩と季節の花に由来して名前がつけられたそうです。

しかし「あんこ」をつけたのが、ぼたもちで、「きなこ」をつけたものがおはぎと言う説もあります。


>>>次のページ