披露宴に招待されていない場合でも、御祝いをすることはよくあることです。ご近所付き合いしている人、例えばお隣りの娘さん、友人の子供などです。本来は結婚祝いは事前に贈るものですが、あまり早く贈ると相手に気を遣わすことにもなりかねません。

挙式の1ケ月前に御祝いを頂いた場合、「○○さんからお祝いを頂いたんだけど、やっぱり招待しないとだめかな?」なんてかえって気を使わす要因になることも。相手とのお付き合いの深さにも関係しますが、挙式後、新婚旅行後あたりの2-3週間後に先方に届くように手配するのが無難かもしれませんね。

御祝い金(品)の額ですが、5千円から1万円ぐらいが目安です。それ以上の額になるとまた、いらない気を相手に使わすことにもなります。現金でこの金額はちょっとどうかな?と思われるかたは同額の品物や商品券などを贈りましょう。お祝いのメッセージも忘れずに。品物を選ぶ時は出来るだけ実用品を。タオルなどはたくさんあってもいいですが、時計などをたくさん頂いても困るケースもあります。

最近ではカタログで選べるギフト券などもあって贈る側も贈られる側も喜んでもらえるシステムも増えてきました。もっとインターネットが各家庭に普及すればどんなものが欲しいのか?だれが何を贈るのか?が一目瞭然になった仕掛けなんか出来れば大変便利ですよね。



<関連記事・コラム>
・披露宴の招待状の返事の書き方
・結婚式、出席するべきか否か?
・結婚お祝い品のタブー
・結婚祝いの品選びや贈る時期は?
・披露宴に出席、お祝い金は?
・ご祝儀袋の表書きとマナー
・結婚祝いの袱紗の使い方と柄選び
・スピーチを頼まれたら
・忌み言葉に気をつける

<関連サイト>
●結婚を祝うブライダルギフトと引き出物[ギフト]All About
●ギフトを探す・贈る・包む
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。