袱紗
シンプルかつデザイン性の高い金封入れ
披露宴会場での受付で祝儀袋をカバンやスーツのポケットからむき出しのまま出したり、購入した時のセロハン袋に入れたまま出す人がいますが、これはマナー違反です!正式には袱紗(ふくさ)に包んで持参します。

会場に着いたら、お祝いの言葉「本日はおめでとうございます」「お招きいただきありがとうございます」を述べてから、袱紗ごとバックなどから取り出し、袱紗を開き両手で祝儀袋を差し出します。その時に祝儀袋の文字が受付係りに読めるようにます。

袱紗
麻の張りと光沢ある絹のコントラストが美しい金封包み
>>>袱紗の色は?
慶びごとではエンジか赤色、紫など赤系統を用います。また、弔事では「紺」「グレー」が一般的で、紫も用いられます。この「紫」は慶事・弔事両方使えるので覚えておくと便利です。袱紗が無い場合は小さなふろしきやハンカチで代用してもかまいません。

若い人で袱紗(ふくさ)がどんなものか知らない人も結構いらっしゃるようです。実は筆者も社会人になってから知りました!袱紗を用いるのは「お祝い金を汚さないように」と相手を思いやる気持ちの表現の一つ。社会人のマナーの一つとして普段から準備しておきましょう。

>>>袱紗(ふくさ)の包み方?

慶事での包み方です。

1)あらかじめ祝儀袋をふく紗中央よりやや左の方へ寄せておく
2)左の角をとり中央に折り込む
3)上の角をとり、その上にかぶせる
4)下の角をとり、その上にかぶせる
5)右を折り裏へ折り返す。左の上下に小さく三角形ができる