「箸使いに始まり、箸使いに終わる」とよく言われる食事作法。気配りやステキな立ち振る舞いができていても、正しい箸使いができていなければ、すべて台なしに。意外とあなたの手元は注目されていますよ。毎日何気なく使っている箸ですが、正しい使い方を今一度、見直ししてみませんか。

まずは、基本。お箸の持ち方を再チェック

幼いころ教わったように、お箸の使い方には基本があります。下のほうの箸を固定して、上の方の箸で自由に動くように食べ物をはさんで、いただきますよね。「毎日ごはんを食べているんだから、いまさら…」と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、せっかくですので、お箸を一膳(もしくはペンを2本)手にとって、早速確認してみてください!
箸の持ち方
1.上の箸は、人差し指と中指の第一関節で軽くはさむ。
2.下の箸は、親指つけ根と薬指の第一関節あたりで支える。
3.下の箸は、動かさずに上の箸だけを動かして食べ物をはさむ。

※箸は真ん中より上を持つと使いやすく、見た目も美しいですよ。

優雅なお箸の取り上げ方、割り箸の割り方

「いただきます」その前に、ちょっと確認。お箸を正しく持つ前に、箸置きからお箸を取り上げなければなりません。ぱぱっと取ってしまいがちですが、お箸の取り方をお伝えしましょう。この一手間で、ぐぐっっと魅力的な振舞いになりますよ。
箸の持ち方

1.右手の親指、人差し指、中指の3本で端の真ん中を取り上げる。



2.左手を箸の下側に手を添える。



3.右手を箸の右へ下へ滑らすように、沿える。



4.右手で、箸を正しく持ってから、左手を離す。

■割り箸の割り方
箸の割り方
箸を手元に引き寄せ、箸を横にし、真ん中を持って、上下に引いて割る。
※お膳の上で、左右に開いて割るのはNGです。また、先端をこすりあわせるのもやめましょう。

箸を置くとき・納めるとき

箸の置き方
持っている箸の真ん中を左手で上からつかみ、右手で端をつかみ直して、箸置きに。直接、テーブルの上に置くことだけは避けてください。

箸置きがない場合、箸をテーブルや盆にじかに置くのはNG。箸置きがなければ、箸袋を文結びや山型に折って箸置きの代わりに使ったり、箸袋の先を折って納めたり、さりげなく使用済みとわかるように!

やってはいけない箸使いは次のページをチェック!