2020年の「彼岸の中日」っていつ?春彼岸=春分の日、秋彼岸=秋分の日

彼岸の中日はいつ 今年の彼岸の中日 2020年彼岸の中実 彼岸中日 お彼岸の中日

春彼岸、秋彼岸の「彼岸の中日」とは、いつ?

2020年の春彼岸の中日(「春分の日」)は、3月20日(金)でした。秋彼岸の中日(「秋分の日」)は9月22日(火)です。

2020年の春彼岸は、3月17日(火)の彼岸入りに始まり、彼岸の中日は3月20日(金)、彼岸明けは3月23日(月)でした。

2020年の秋彼岸は、9月19日(土)の彼岸入りに始まり、彼岸の中日が9月22日(火)、彼岸明けは9月25日(金)です。

▽参考記事  

彼岸の中日とは……彼岸入りから彼岸明けの7日間の中日で、国民の祝日

彼岸の中日とは 彼岸中日 お彼岸の中日

「彼岸の中日」とは、計7日間の彼岸の中心となる日

「彼岸の中日」とは、計7日間の彼岸の中心となる日です。春彼岸は、3月21日頃の「春分の日」、秋彼岸は9月23日頃の「秋分の日」で、どちらも国民の祝日です。

彼岸とは、3月の春分の日、9月の秋分の日を中心に、前後3日を合わせた計7日間。彼岸の最初の時期を「彼岸の入り」「彼岸入り」と呼び、中心となる春分の日、秋分の日を「彼岸の中日」、最後の日を「彼岸明け」と言います。

彼岸は「彼岸会(ひがんえ)」とも言われ、一般的には「彼岸」というと春の彼岸を指し、秋の彼岸は「秋彼岸」「のちの彼岸」と区別されることも多いようです。昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、春も秋も、ちょうど彼岸の時期前後から日の長さが変わり始め、過ごしやすい季節へと移り変わっていきます。

▽参考記事  

お彼岸とは? 雑節の一つで、彼岸は「あっちの世界」のこと

お彼岸とは 彼岸の中日 彼岸中日 お彼岸の中日

「彼岸」とは、仏教用語で「あっちの世界」ということ

彼岸とは仏教用語で、悟りを得た「あっちの世界」のこと。反対に、迷いや煩悩に満ち溢れたこっちの世界を「此岸(しがん)」と言います。仏教用語でありながら、お彼岸は日本独自の行事です。

彼岸の7日間は、「六波羅蜜(ろくはらみつ)」という良い行いをし、先祖や仏様に感謝をして悟りを得たあっちの世界「彼岸」に到達するために修行に励みましょう、という意味が込められています。

■六波羅蜜(ろくはらみつ)
  1. 布施 …… 財施(財を施す)、法施(真理を教える)、無畏施(恐怖を取り除き安心を与える)など、見返りを求めずに施す
  2. 持戒 …… ルールを守る
  3. 忍辱 …… 苦しさや困難に耐える
  4. 精進 …… 最善をつくして努力する
  5. 禅定 …… 心を落ち着ける
  6. 智慧 …… 真実を見抜く力を身につける

春分の頃には豊作を願い、秋分の頃には収穫を感謝するという自然に対する感謝や祈りにもつながって、日本人にとってお彼岸は大切な行事となっています。

▽参考記事  

「春分の日」と春のお彼岸

 春の彼岸の中日 彼岸の中日 彼岸中日 お彼岸の中日

「春分の日」の趣旨は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」

「春分の日」とは、二十四節気の春分に入る日を指していて、太陽が春分点を通過した日。太陽が真東から昇って真西に沈むため、昼と夜の長さがほぼ同じになります。

二十四節気は1年を太陽の動きに合わせて24等分して決められるので、1日程度前後することがあり、日付は年によって変わります。毎年21日頃にあたる「春分の日」は国民の祝日で、祝日法による趣旨は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」とされています。

お彼岸には、昔からお墓参りをする風習があります。お彼岸には、太陽が真東から昇って真西に沈むため、西にあるとされるあの世と東にあるとされるこの世が最もつながりやすいと考えられているからです。

春のお彼岸(春彼岸)には、この時期に咲く牡丹の花にちなんで名づけられた「ぼたもち(牡丹餅)」を食べます。

▽参考記事  

「秋分の日」と秋のお彼岸

秋の彼岸の中日 彼岸の中日 彼岸中日 お彼岸の中日

春の彼岸では「ぼたもち」。秋の彼岸では彼岸花にちなんで「おはぎ」を食べます

「秋分の日」とは、二十四節気の秋分に入る日を指していて、毎年23日頃にあたります。秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」という趣旨の国民の休日です。「春分の日」と同じく、昼と夜の長さがほぼ同じで、秋分の日を過ぎると次第に日が暮れる時間が早くなり、秋の夜長へと向かいます。

秋の彼岸もまた、春の彼岸と同じ理由で昔からお墓参りをする風習があり、西にある生死の海を渡って到達する悟りの世界のあの世「彼岸」と、私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界であるこの世「此岸(しがん)」は、太陽が真東から昇って真西に沈む春分、秋分にもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになりました。

春の彼岸では「ぼたもち」を食べますが、秋の彼岸ではこの時期に咲く「彼岸花」にちなんで、「おはぎ(御萩)」を食べます。基本的には「ぼたもち」も「おはぎ」も同じものですが、季節や地方によって呼び名や作り方が変わります。

▽参考記事  

お彼岸のお墓参りの準備・手順

お彼岸 お墓参り

お墓参りに必要なもの、基本的な手順をおさえておきましょう

お墓参りに必要なものは、掃除用にたわし・歯ブラシ・ほうき・ぞうきん・バケツ・ゴミ袋など。お供え用にお花・菓子・果物・飲み物・それらを置く半紙など。お参りをするためには、数珠・線香・ろうそく・マッチなどです。

まず、周囲の雑草を取ったり、お墓を掃除します。墓石に打ち水をし、花立に生花を添えて、水鉢に新しい水を注ぎます。生花、故人の好物だった菓子や果物などをお供えし、ろうそくとお線香を手向けます。お墓参りには特別な作法はありませんが、しゃがんで合掌し、一礼、という流れがお墓参りの基本手順です。

▽参考記事  

彼岸の中日ではなく、彼岸明けに墓参りをしてもいいの?

お彼岸の中日 お墓参り

お墓参りは彼岸の中日に行くべき?彼岸明けに行ってもいい?

彼岸の中日である「春分の日」「秋分の日」は祝日なのでお墓参りに行く人が多いですが、お彼岸の期間中であれば、お墓参りはいつ行っても構いません。彼岸の中日でなければ、ということはなく、彼岸の最終日である彼岸明けでも問題ありません。都合のいい時にゆっくり故人やご先祖様に心を向けましょう。

▽参考記事
【関連記事】


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。