お彼岸とは

お彼岸は聖徳太子の時代から千年以上も日本に息づく行事です。
お彼岸は聖徳太子の時代から千年以上も日本に息づく行事です。
「彼岸」を一言であらわすと「あっちの世界」のこと。その反対にこっちの世界を「此岸(しがん)」というのをご存知でしたか?

彼岸も此岸も仏教用語で、迷いや煩悩に満ち溢れたこっちの世界「此岸」から、悟りを得たあっちの世界である「彼岸」へ到達するために、春分・秋分の日を中日とする前後7日間は、六波羅蜜(ろくはらみつ)という修行に励みましょう!と意味が根底にあります。

●六波羅蜜とは、次の6つのことです。
  1. 布施
    財施(財を施す)、法施(真理を教える)、無畏施(恐怖を取り除き安心を与える)など、見返りを求めずに施す。
  2. 持戒
    ルールを守る。
  3. 忍辱
    苦しさや困難に耐える。
  4. 精進
    最善をつくして努力する。
  5. 禅定
    心を落ち着ける。
  6. 智慧
    真実を見抜く力を身につける。

    つまり、日常の生活に追われ、自分自身を見つめることができない人でも、春と秋の7日間は六波羅蜜という良い行いをし、先祖や仏様に感謝をしましょうというということですね。

    春分・秋分の日がお彼岸と決められたわけ

    なぜ春分・秋分の日がお彼岸と関係しているのでしょう?お彼岸は仏教用語であっても日本独自の行事で、インドや中国から伝わってきたものではありません。春分・秋分の日がお彼岸の中日といわれる理由はいくつかあります。

    ●西方浄土
    お彼岸には太陽が真西に沈みます。西は「西方浄土」といわれ、仏様がいる極楽浄土の世界。すなわち、その方向に向かって念仏すれば必ず往生されると信じられていました。

    ●中道
    仏教では「中道」を重んじます。お釈迦様は悟りを得るために厳しい修行をしましたが、いくら行っても悟りは開けなかったので苦行を捨て、「中道」に目覚めたそうです。「苦」「楽」や「有」「無」にしばられず、どちらにもとらわれない、つまり偏らない立場であることを「中道」といいますが、昼と夜の長さが同じである春分・秋分は「中道」の象徴とされています。

    ●季節のシンボル
    「暑さ寒さも彼岸まで」というように、日本のお彼岸は季節感をダイレクトに感じることができる行事ともいえます。その昔、農耕生活をしていた頃は太陽を崇拝していましたから、気候がいいお彼岸を季節のシンボルとして五穀豊穣を願っていたのです。

    春分の頃には豊作を願い、秋分の頃には収穫を感謝するという自然信仰と仏教の教えとが結びつき、千年以上にわたって日本人の生活の中にお彼岸が定着しているのですね。

    お彼岸は自分を見つめなおす絶好のチャンス。せっかくですから各寺院で行われる彼岸会法要に参加してみてはいかがでしょうか。次ページで解説します。