墓石は放っておくと劣化します

石には目に見えないミクロ穴が多数あります。放っておくとカビが付着しヒビが入りやすくなりますのでこまめなお手入れをしておきましょう。
石には目に見えないミクロ穴が多数あります。放っておくとカビが付着しヒビが入りやすくなりますのでこまめなお手入れをしておきましょう。
建立したばかりのお墓は、ピカピカに磨かれて光沢があります。墓石に使われる石は、吸水率が低く、硬度が高くて耐久性にすぐれていますので、大理石などに比べるとかなり丈夫。しかしどんな頑丈な石でも、一年中風雨や直射日光にさらされているわけですから、遅かれ早かれ汚れが付着し劣化していきます。墓石の劣化はこのように進んでいきます。

  1. 建立後2~3年
    ……一見キレイに見える墓石ですが、すでにホコリや排気ガス、油などが付着しています。特に都市部のお墓の場合は排気ガスを含んだ黒い油汚れがたくさん付いているはず。これを放置してしまうと、カビや染みが発生しやすくなり劣化を早める要因となります。
  2. 建立後10年~15年
    ……急速に染みが増えだしてくる頃です。手入れを怠っていた墓石の場合は、カビも大量に発生。一度発生したカビは取り除かないと石の劣化が急速に進行します。
  3. 建立後15年~30年
    ……石の風化が少しずつはじまります。光沢感がなくなり表面がザラザラしてきます。表面の凸凹は目に見える大きさになり、カビや汚れの付着が加速。そこからヒビ割れが生じてきます。
  4. 建立後50年以上
    ……石の風化が進行してきます。石の内部にある鉄分が表面に現れて、サビが発生。カビやコケ類、微生物が付着。墓石が真っ黒に変色してしまうこともあります。


お墓参りのたびに、きちんとお手入れしておけば石の劣化の進行を遅らせることができます。

次ページではお墓のクリーニング方法をお教えします。