法要とは、仏さまを供養をするという仏教用語。神道では、霊祭(みたままつり)といい、キリスト教では追悼集会、ミサと言います。今回は、仏教の法要に当たる行事(法要)を神式、キリスト教それぞれまとめてみました。

法要
神式では、五十日祭の霊祭で忌明けを迎えます

神式の場合

霊祭(みたままつり)を行う日を斎日(いみび)といい、故人の死亡した日から数えて十日ごとに行います。

霊祭は神社ではなく、自宅、墓前、斉場で行います。百日祭までの霊祭は、墓前または祭壇に故人の好物などを供え、神官に祝詞(のりと)奏上をしてもらい玉串奉奠(たまぐしほうてん)などの神事を行います。

※祝詞(のりと)奏上→神官が故人の経歴や人柄、社会的な功績を述べ、祖霊となって遺族を守るように祈ること。

十日祭 仏式の初七日。親族、知人を招き、神職による祭儀を行います。
二十日祭 一般的に省略されます。
三十日祭 仏式の三十五日。
四十日祭 一般的に省略されます。
五十日祭 仏式の四十九日。忌明けとされます。「清祓い(きよはらい)の儀」の後に霊璽(れいじ)御霊舎(みたまや)に移してまつる合祀祭(ごうしさい)も併せて行うことが多いようです。

※清祓い(きよはらい)の儀→神棚や御霊舎(みたまや)に貼った白紙をはがす。

※霊璽(れいじ)→神道における霊のしるし。仏式の位牌にあたります。

※御霊舎(みたまや)→仏式でいう仏壇にあたるもの。祖先の霊が鎮まる霊璽を納めるところです。
百日祭 死後百日目に行われます。
式年祭 故人の祥月命日に行う儀式で、仏式では年忌法要にあたります。一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭と続きますが、一般に行事が行われるのは、五十年祭まで。特に一、三、五、十年祭は盛大に。

式年祭の流れは、清祓(きよはらい)→献饌(けんせん)→祝詞奏上→玉串奉奠と進行します。その後は、仏式のお斎(とき)と同様に出席者に会食でおもてなしを。

※清祓(きよはらい)→五十日祭を終え家中を祓いして、神棚のおまつりを再開します。

※献饌(けんせん)→饌とは、供物のことで、米、酒、塩、水餅、卵、魚、乾物、野菜、果物、菓子など。

贈答様式は、こちらを参考にどうぞ!

次のページは、キリスト教の場合の法要です。