四十九日(49日)の期間は「忌中(きちゅう)」、過ぎると「忌明け(きあけ)」

四十九日(49日)の意味や数え方、四十九日(49日)までの過ごし方や法要の仕方などのマナーを詳しく解説します

四十九日(49日)の意味や数え方、四十九日(49日)までの過ごし方や法要の仕方などのマナーを詳しく解説します

死者の霊は、(仏教では)亡くなった日から7週間(四十九日間)はこの世とあの世をさまよっているとされています。この期間を「忌中(きちゅう)」といい、四十九日を過ぎると「忌明け(きあけ)」といいます。
 
忌中の期間は、死者が、死から新しい生へと生まれ変わる準備をしているのです。その間に遺族が丁寧に冥福をお祈りすることによって、亡くなった人は、初めて無事に極楽浄土に送り届けられる(浄土真宗をのぞく)とされています。 

※神式では死後50日目を「50日祭」として祭ります 。

忌明けには四十九日法要(49日法要)を行い、親戚縁者を招いてお寺さんにお参りいただき、故人の成仏をお祈りします。とても大切な法要ですので、しっかりマナーを知っておき、故人の供養をしましょう。
 
【INDEX】
四十九日(49日)とは? 意味や数え方
四十九日(49日)までの過ごし方や準備すべきこと
四十九日法要(49日法要)当日の流れ:服装やお布施について
 

四十九日(49日)とは? 意味や数え方

亡くなった人の命日を基準として七日ごとに行う「中陰法要」(満中陰)の最後の法要が四十九日(49日)

亡くなった人の命日を基準として七日ごとに行う「中陰法要」(満中陰)の最後の法要が四十九日(49日)

■四十九日(49日)の数え方
亡くなった人の命日を基準として七日ごとに行う「中陰法要」(満中陰)の最後の法要が四十九日(49日)です。始めの七日目を初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)と続いて、七七日が満中陰すなわち四十九日(49日)にあたります。

この四十九日間(49日間)に残された遺族の別れの悲しみが癒され、落ち着いて亡くなった人の死と向き合える期間でもあるのです。
 
■四十九日(49日)の意味とは
「四十九日(49日)とはどういう意味?」ときかれたら、意外と答えられない方が多いのではないでしょうか。仏教には、「四有」という考え方があります。

人が生まれることを「生有」、生まれてから死ぬまでの間を「本有」、人が死ぬことを「死有」、死んでから次の生に向かうまでの間を「中有」(中陰)といいます。この「中有」にあたるのが四十九日(49日)です。

■「四十九日(49日)の三月越し」とは?
「死終苦」と「身付き」の語呂合わせの中で、四十九日(49日)は3カ月にわたってはいけない、と世間では言われています。実際はどうなのでしょう? 迷信だと思いつつもやはり早めに切り上げて、四十九日の法要を行われる場合がほとんどですね。
 
しかし故人が亡くなった日から7週間(四十九日間)は死者の霊は現世と来世をさまよっていると思ったら、実際には成仏できるようにしっかりとその期間中は供養したいものですね。
 

四十九日(49日)までの過ごし方や準備すべきこと

四十九日(49日)法要までにやることをリスト化

四十九日(49日)法要までにやることをリスト化

四十九日(49日)までの過ごし方や、四十九日(49日)法要までに必要な準備を時系列にリスト化してみましたので、ご確認ください。

■四十九日法要(49日法要)前の準備
1:菩提寺のご住職と相談して日取りを決める
→日取りは皆が集まりやすい直前の土、日曜日に行うことが多いです。 

2:関係者に連絡し、人数を把握する
→場所は、だいたい自宅か菩提寺で行います。

3:式を終えたあとに会食をする席の式場を手配する
→自宅で法要する場合、後霊供膳を作らない場合も仕出し店で作ってもらえるので、料理をあらかじめ頼んでおくこと。

4:参列者へのお礼の引き物(手土産)を用意する
→水引き、表書きは「粗供養」「志」
※関連リンク「新盆・初盆を迎える準備 香典やお布施について」

5:僧侶への挨拶と謝礼(御礼、御経料)を用意する

6:本位牌や仏壇を用意する
→白木の位牌から漆の塗位牌を作って、法要の後仏壇に納められるので、この日までに塗位牌は用意しておくといいでしょう。
※浄土真宗は位牌は用意せず、過去帳に故人の法名や命日の覚書として記入します。

■忌明けのあと始末
1:火葬儀のとき以来、閉じてあった仏壇の扉を開け、簡単に掃除をする。

2:葬儀の時(神棚)にはった紙をはがす。
故人の霊を祭ることに専念するため、神棚の扉を閉め、白い紙を張って封印する(「神棚封じ」)

3:白木の位牌を菩提寺に納め、遺影は仏壇にしまうか仏壇の外に飾るかする。
 

四十九日法要(49日法要)当日の流れ:服装やお布施について

四十九日法要(49日法要)当日の流れは、葬儀と違って進め方にはっきりとした決まりはありませんが、ここでは、代表的な例をあげてみましたのでご参考に。

※服装は、喪主とその家族は、喪服を着用したほうがよいでしょう。参列者は、略式喪服や地味な服装でもかまいません。 

1:僧侶の読経 → 焼香 → 僧侶の法話 
この日に納骨を行う場合は、法要の後に墓地に行き、僧侶の立会いのもとで、納骨を行います。 

2:法要後、参列者をおもてなしする会席
会席の席には、僧侶の方もお招きしますが、辞退された場合は「御膳料」を(だいたい、5千円から1万円ぐらい包むことが多いようです)「御車料」、「謝礼」(御布施)などと一緒に渡します。

3:施主の挨拶(法要に出席していただいたお礼、葬儀などでのお礼など) → 故人をしのびながら会食 → 宴席終了の挨拶

4:引き物の引渡し
※お供えを出席された方に分け、一緒に持って返っていただく場合もあります。その場合は手提げ袋など人数分を事前に用意しておき、持ち帰りに便利なようにしておくとよいでしょう。

四十九日法要(49日法要)は忌明け後の大切な法要です。かといって盛大に行う事が重要ではなく、大切なのは、礼拝する心です。亡くなった方を偲び、冥福を祈る心を大切にする事が大事なのです。

【関連記事】
お盆のお供え物のしきたりと基本マナー
お盆の基本:新盆と初盆の意味・迎え方・準備を解説
新盆・初盆について、お供え・金額などをQ&Aで解説
新盆・初盆を迎える側・招かれる側のマナー:服装など
迎え火・送り火とは?いつ行う?意味・やり方を解説
盆棚・精霊棚の飾り方・作り方・意味を解説
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。