<相手に対する思いやりが第一>

病気の人を見舞う時は、まず第一に相手のことを考える事が大事。自分の気持ちを伝える事ではなく、相手の気持ちや家族の事を思いやる事が一番大事なことです。

あらかじめ家族の方に連絡を入れ、お見舞いが出来るかどうか確認してから伺うようにします。病気見舞いは、早く病気やケガが治るようにと励ますのが目的です。もし、自分がその立場だったらどうしてほしいか、またなにが迷惑か、病気の人や家族の立場にたって考えます。

▼病気のお見舞いに関すること

---------------------------------P2
お見舞いの時期
面会時間
大人数や子供連れは避ける
ぐっすり眠っている場合

---------------------------------P3
お見舞い品について
花を贈る場合の注意点

---------------------------------P4
お見舞い品いろいろ

---------------------------------P5
お見舞い金について

---------------------------------P6
長期入院や入退院を繰り返しているなどの場合
上司・同僚が入院した
取引先の人が入院
その他気を付けること



<関連記事・コラム>
快気祝い
おすすめリンク集お見舞い
[ギフト]All About Japan