梅雨ならではの楽しみ方、やっておきた家事をご紹介!

画像
雨の日はガイド宅のアジサイもうれしそうです
梅雨入りの声が続々聞かれるこの時期。対策を万全にして、やるだけやったら、雨の季節ならでは楽しみも満喫してみましょう。

【INDEX】
・ 梅雨を楽しむ暮らし術
梅雨にやるべき家事、やっておくと後がラクな家事
湿気対策のポイントはこれ!


6月6日は梅の日――で、梅しごと

梅の実が青くふくよかに育ったこの時期は、梅干、梅酒、梅シロップなど梅しごとの時期です。梅は三毒(矢部物、水、滅液にたまった毒)を断つといわれ、古くから健康食として食べられてきました。

新しいところでは、2006年に6月6日は梅の日に制定されたとか。天文14年6月6日に和歌山県の賀茂神社例祭にて奈良天皇が梅を献上したという故事にちなんで2006年に制定され、梅にまつわる行事が各地でおこなわれているようです。

どちらにしても梅しごとが楽しい時期ですね。梅しごとについては、ガイドの本『おばあちゃんの歳時記 暮らしの知恵』にもありますので機会があればごらんください。

 

雨音を聞いたり、夏至をキャンドルで過ごしたり

たまにはゆったりと、雨音や雨粒のようすも楽しみに変えて。しずくやアジサイをかたどった和菓子をいただいたり、逆にさわやかな感じのする食器やインテリアをそろえたり、気分を変える工夫も大事です。

ところで6月21日ごろの夏至は一年で一番お昼間の時間が長い日。

かつて行われていた夏至の夜の恒例イベント『100万人のキャンドルナイト』では、夜の2時間、電気の照明を消してキャンドルの明かりだけで過ごすことを推奨していました。スローな暮らしやエコを考えたり家族とお話したり、ゆったりした時間を作るきっかけになります。


ハーブやお花を増やしたいならこの時期に

雨が似合うアジサイや花菖蒲は毎年のお楽しみ。また、草花の挿し芽が成功しやすいので、増やしたいハーブやお花はこの時期に。ガーデニングQ&A集・繁殖編をご参考にどうぞ。お友だちとハーブ交換をして増やすのも楽しいですよ。


次ページは、梅雨どきにやっておくとよい家事についてです。