全国の両爬ファンのみなさん、コンニチハ!

さてさて、シリーズもいよいよ最後が見えてきたような感じの「両爬飼育入門・コトハジメ」です。今回は「導入直後のケア」いわゆる「立ち上げ」をテーマに解説していきましょう!

導入直後のケアの大切さ

何の話かというと、簡単に言えば「飼育個体を買ってきた!でも、最初は慣れるまでそっとしてあげましょう」って話です。

そもそも基本的に両生類とか爬虫類というのはWC、CB問わず神経質な生き物です。野生では常に自分よりも大きい肉食生物から襲われる恐怖から逃れるためにヒッソリと生きているわけですから。
いくら、私たち飼育者が彼らの保護者であると言っても、それはなかなか彼らには伝わりませんので、自分よりも大きな生き物である我々は、彼らから見れば敵であると思われても仕方ありません。

ですから、採集、購入あるいは譲渡された両爬の個体は、これまでとガラリと変わった環境に突然置かれるのですから、強烈なストレスはあっても、そう簡単にその環境を受け入れることなどできるわけもないのです。

ですから、新しく導入した個体には、まずその環境に落ち着いてもらうための時間を与えなくてはいけないわけです。そのためのたった一つの方法は「何もせずにそっとしておくこと」であるわけです。

でも、どうしても最初はこんな簡単なコトができないんですよね。

もちろん気になるし

誰も、殺すために生き物を飼おうとする人なんていないわけですから、新しく導入した生体が元気でいるのか?エサをちゃんと食べるのか?とか、とにかく最初は気になるのは当然です。あるいは、ようやく憧れだったあの生体を我が家に迎えることができたのですから、1秒でも長く眺め続けていたいし、できれば早くハンドリングをして遊びたいという気持ちにもなるでしょう。

私のところに、非常によく来る質問で
「飼っている○○が、エサを食べません。どうすればいいですか?」
というのがあります。特にその辺で捕まえた、いわゆる野良○○であることが多いのですけど、よくよく事情を聞いてみると、まだ捕まえてから数日、極端なときは「さっき捕まえたけど、エサを食べない」というのもあります。
当然、さっきまで野生で生きていた生き物が、突然大きな生き物である私たちに拉致されて、狭いところに入れられたのですから逃げることばかりを考えているわけで、エサなんて食うわけはありません。
しかし、これってムリのないことです。

例えば、幼い頃の私は、よく寝る前に心の中で「神様にお祈り」をしていました。「今夜もコワイ夢を見ませんように」とか。ま、自己暗示ですよね。でも、この「お祈り」、何か生き物を捕まえてきたときには、必ずしていました。
曰く「今日、捕まえてきた○○が明日も生きていますように」と。
子供心に、導入された生き物の生死は自分が握っているんだ、ということはわかっていたわけです。
しかし、そこは子供ですから、彼らの命を永らえさせるのに「祈る」ことしかできなかったのです。

そんな子供の頃の私みたいに、飼育初級者はあくまでも「飼育者=生き物の保護者」という上目線で考えがちです。
しかし、その目線を彼らの立場に合わせることができるとき、はじめて「彼らは不安でおびえている。まず落ち着かせなくては」と考えられるようになるのでしょう。

つまり、導入したての生体に「とりあえず何もしないで、落ち着かせる」ことができるようになる、というのは、私たちが「子供のままのただの生き物好き」から「生き物目線で考えることができる飼育者」に大きく成長した証しといえるのではないでしょうか。ちょっと大げさですかね...?

とにかく次からもう少し具体的に「導入直後のケア」に関して触れていきましょう。