全国の両爬ファンのみなさん、コンニチハ!

最近、あまり飼育関係の記事をアップしていなかったので、久しぶりに。
ネタは、何かと気になる「ハンドリング」についてです。つまり飼育中の両爬個体を「触ったり、持ったり、遊んだり」というスキンシップあるいは取り扱う事に関してです。
我が家の問題児・タイワンスジオ
ヘビのハンドリング

ハンドリングの是非

実は、私自身はほとんど飼育中の生き物を触ることがない(数が多すぎることと、時間が無くて)ので、あまりハンドリングに関しては、自分の考えというのがありません。

よくなされる議論として
飼育されている両爬に対してハンドリングを行うことは良いことか、悪いことか
というのがあります。
もちろん、これは触られる生き物に聞いてみなくてはわかるわけはありません。

特に、飼育を始めたばかりの方や、これから両爬を飼育しようという方にとっては、イヌやネコと同様に、文字通り「愛玩」の対象になると考える方も多いですからハンドリングしてスキンシップをとれるというのは、その生き物を飼育する大きな楽しみになります。

パンサーカメレオン(HBMにて)
カメレオンを腕に掴まらせる

・否定派と肯定派
また「ハンドリング肯定派」の方々にもっとも多いのが
「ハンドリングされることに慣れさせておけば、ケージの掃除などでその生き物を取り出したり、健康チェックなどをする場合に個体に無用のストレスを与えなくてすむ」
という意見であります。至極もっとも。

一方「ハンドリング否定派」は
「もともと野生に生きる彼らは家畜化されているわけではないので、それが例え飼い主であろうと彼らより大きく力も強い敵でしかないわけだから、無用なストレスを与えてしまい下手をすれば寿命を縮めることにもなろう」
と考える方が多いようです。

・私の考え
私は、どちらかと言われれば「否定派」の意見に近い考え方です。私自身が、野生での生き物たちとの出会いを一番の楽しみにしている人間ですので、彼らの野生での姿に関しては経験上、理解しているつもりですから。
また私は理科の教員でもありますので、両爬である彼らには「感情」というものは、ほとんどないと考えている人間です。こういうと身も蓋もないように聞こえますが、やはり行動の基本にあるものは「反射」でしかないだろう、と。
ですから理屈上は、生きていく上で特に必要とされない、と言うよりもむしろ生命の危機につながる「自分よりも大きい生き物からの接触」というのは「反射」のプログラムでは「避けて通るべし」とされているはずです。

ところが、うちのコーンスネークとかレオパ、小さなカメたちみたいに、さっきまで手に持たれていたのにすぐに餌を食う奴とか、あまつさえ手に持たれたまま餌を食う奴とかを見ていると、やはり「ハンドリング=ストレス」というのは必ずしも成り立たないのかなとも思います。

・驚愕の手乗り両爬たち
以前カナヘビの飼育記事で登場した私の友人はイヌやネコ並の愛玩動物として両爬を扱い、もちろんその個体を長く飼育し続けています。いくつか例を挙げると
・ニホンカナヘビが進んで手に乗ってくる
・ニホンカナヘビを手の乗せたまま、服につかまらせたまま外に出ても逃げない
・ダルマガエルがヒザに乗ったまま、一緒にテレビを鑑賞している
・アズマヒキガエルと一緒に風呂場で入浴(カエルは洗面器)
等々
にわかに信じがたい話なのですが、特に「手乗りカナヘビ」は私も実際に体験させていただきましたので、その時は驚愕しました。
で、確かにこの友人はさまざまな生き物の病気やケガなどを自分で治療することにも長けていますので、決してこのような驚くべきスキンシップ(つまり究極のハンドリング)とも無関係ではないだろう、と。

・結論
こうやっていろいろな例を見ていくと、結局は
・正しい方法によるハンドリング
・種類による、あるいは個体による適不適の差

を理解していく上で、彼らとの接触を行っていくことであろう、と思います。
つまり、どうすれば彼らにストレスを極力与えずに、さらには手乗りにすることができるのかを考えてハンドリングすること。
また、ハンドリングができない種類や個体は絶対に存在するわけで、そういう時は無理にしないこと。さらにハンドリングができる個体には、扱いに慣れさせる意味でも積極的にハンドリングに挑戦していくこと。
以上の2点が両爬に対してハンドリングするときに大切なことなのでしょう。
ハイナントカゲモドキ
ハンドリングに向かない種類


さて、次はハンドリングの実際について基本的なことと実践的なことをご紹介して「正しいハンドリング」について知識を深めてみましょう。
ただし、もちろんですが毒蛇や咬みつく力が強い生き物には決して適用しないようにして下さい。また、今回の記事を参考にしてハンドリングを行うことによって、万一
・ケガをした
・逃げられてしまった
などの事態が起こっても、責任を負いかねますのでご了承下さい。
さらに、
・生き物との一歩進んだコミュニケーション
・人間の手を恐れさせないようにする
の二つの目的でハンドリングを行うことの紹介であり、慣れていない個体のいわゆる「保定」の方法ではないこともご了承下さいますよう。