TOP水生ガメドロガメ科>ハラガケガメ
ハラガケガメ
写真提供:Herptile Lovers

ハラガケガメ

学 名Claudius angustatus別 名:-英 名:Narrow-bridged Musk Turtle分 布:中央アメリカのユカタン半島の各国(メキシコ東部、グアテマラ、ベリーズ)甲 長:14~17cm

中米に分布する大人気のドロガメ。名前の「ハラガケ」はすなわち「腹掛け」、いわゆる「金太郎さん」であります。これは本種の腹甲が小さく、子供の「腹掛け」をしているように見えるからついた、なかなかイカした名前です。

生息地では池や沼地で生活し、基本的に肉食が強いカメです。また、他のドロガメ同様、あまり泳ぎは得意ではなく水底を歩き回る生活をしています。

カメにしては小型の部類に入りますが、写真のように頭部が大きく、気が荒いため取り扱いには十分注意をする必要があります。

ドロガメの仲間として、かなり安定した人気があるようですが、正直魅力がわかりにくいんですよね...私には。それでもCB個体も出始めており、大きな頭とコケティッシュな風貌や仕草と相反した性格の荒さなどを楽しみたい方には最適かもしれません。

飼育の基本情報
飼育容器90cmクラス以上の水槽や衣装ケースなどが理想。単独ならば60cm標準水槽も可能
温度28℃前後の高めの水温で維持する。冬も保温
照明紫外線入りのバスキングランプが必要
ろ過できれば、外部式フィルターと上部フィルター
床材(底砂)特に必要なし
容器内レイアウトほとんど水生であまり陸地には上がらないため水場を大きく取り、陸地は小さくてよい。水深は甲の高さの1.5~2倍程度
肉食であり、特にWCは配合飼料には餌付きにくい。生きたザリガニや金魚、あるいは脂肪分のない畜肉(レバー、ササミ、牛ハツなど)が中心になる。ピンクマウスもよい
基本的な世話いわゆる水生ガメの飼育法ポイントは
  • 比較的高温で飼育する
  • 深すぎない水深
  • 太りやすいので餌の与えすぎに注意
  • 怒ると自分の前足などを傷つけることがあるので、極力刺激しない
  • など
※「飼育の基本情報」は「ミズガメ大百科(マリン企画)」を参考にしました。


<おすすめINDEX>
水生ガメのコミュニティサイトfrom All About
水生ガメfrom All About
Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているハラガケガメに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。