全国の両爬ファンの皆さん、コンニチハ!

一昨年くらいに、一回作って
「なーんか、別にこのグループを記事にしたってなぁ...」
みたいに、どうにもテンションが上がらなくて、結局「ボツ」にしてフォルダの中にあった、この記事。どうやら、今こそ陽の目をみるチャンスのようです!!

そう、ここ最近、にわかに入荷ラッシュというか、ちょっとしたブームになりつつあるような感じの「ヨロイトカゲ」たちであります!

今回は久しぶりの「はじめての○○」シリーズっぽくヨロイトカゲの魅力を紹介していきましょう。

なぜヨロイトカゲ?

さて、まずはどうして、お蔵入りしていたこの記事が、陽の目を浴びるようにしようと思ったのか?

もともとヨロイトカゲの仲間というのは、アフリカの東南部地域から、特に秋から春にかけてボチボチと輸入されていたんですが、これまではその多くがもっともポピュラーなヒナタヨロイトカゲでありました。
みんなの憧れ・オオヨロイトカゲ
オオヨロイトカゲ 画像:aLive

また、保護対象であり人気も高いアルマジロトカゲやオオヨロイトカゲも少数かつ非常に高価なヨロイトカゲとして流通があったわけです。

ということは、ヨロイトカゲを飼い(買い)たいと思ったら、この2つの選択肢しかなかったわけです。
ところが、この選択肢というのが、ものすごい両極端なわけです。というのも一方のヒナタは高くても1万円、一方のアルマジロやオオヨロイになると20-70万くらいまではするわけで、結局金がない人間はヒナタ、お金持ちはアルマジロやオオヨロイって選択をするしかなかったのです。

しかし、ここ数年は、少しずつではありますが、他種のヨロイトカゲが混じってくるようになったのです。
例えば、昔からヒナタと並んでよく見かけたジョーンズとかジンバブエ。あるいはちょっと雰囲気が異なるワーレンなどもそうなんですが、最近ではすっかりお馴染みになったモトイ、マサイ。そして、つい最近ではワーレンの別亜種やヨロイトカゲ属とは別属のニセヨロイトカゲの仲間など...もちろん、少数ではありますが、確実に私たちヨロイトカゲファンの選択肢が増えてきていることだけは確かなような気がするわけです。
なかなかカッコイイアングル
ジョーンズヨロイトカゲ 画像:ウォータさん

また、流通が多くなると、ファンの熱も活性化するようで、身近にヨロイトカゲを飼育しはじめた人などが多くなってきているような気もしますし。

そんなことで、やはりこの辺でヨロイトカゲに関して、改めてその魅力をおさらいしようと考えたわけです。

てか、単純に好き

というようなのは単なるきっかけであって、単純に私が好きな生き物だから、というのが本音です。

たぶん私みたいに、外国の両爬に興味を持ち始めて時間が浅いという方は、ヨロイトカゲって一度は気になるグループなんじゃないかなと思っています。
だって、そうでしょ?
絶対にカッコイイと思うんですが
ヒナタヨロイトカゲ

まず名前がカッコイイ。仮面ライダーとかの特撮モノに、そのまま敵のキャラクターの名前として使えそうじゃないですか。「鎧」と「トカゲ」が合体しているんですから。ムチャクチャ強そうです。

で、しかもルックスがまったく名前に負けていない。憧れのオオヨロイトカゲとかアルマジロトカゲはもちろん、多くの種類は名前の通り全身が硬いウロコに覆われていて、しかもトゲトゲの尻尾。立ち上がって火吹きそうだし、尻尾でガンガン建物とか破壊してしまいそうです。ミサイル飛んできてもへっちゃらそうだし。

とにかく男たる者、強い者に憧れるんですからヨロイトカゲはそんな男のロマンであります。そういうわけで今回はヨロイトカゲなわけです。