TOPヘビナミヘビ(ナメラ)の仲間>ブラックラットスネーク
ブラックラットスネーク!爬虫類・ヘビの基本的な知識と飼育方法
画像提供:桔梗屋

ブラックラットスネークの基本情報

学 名Elaphe obsoleta obsoleta ※2002年から新しい学名としてPantherophis obsoletus obsoletus も使われている別 名:クロネズミヘビ英 名:Black Ratsnake分 布:アメリカ合衆国中東部(ウィスコンシン州以南、オクラホマ州以東、ルイジアナ州とジョージア州以北)カナダ(オンタリオ州)全 長:120-160cm 最大256cm

アメリカを代表するナミヘビであるコモンラットスネークElaphe obsoleta の基亜種です。(ラットスネークの5亜種に関してはイエローラットスネークの項をご覧下さい)

本亜種は幼体時には、大きめの黒褐色のブロッチがバンド状に入りますが、成長と共に斑紋は薄れ全体的に黒っぽくなります。写真の個体は、その中でも特に全身が黒一色になった個体です。

 

自然下での生態などはイエローラットスネークの項および"ホワイトサイド"ブラックラットスネークを参照して下さい。

残念ながら本亜種のノーマルあるいは写真の個体のような全身が黒色の個体はほとんど流通せず、リコリスティックスやアルビノ、あるいはリューシスティックといった色彩変異の品種が圧倒的に流通しています。私のようなノーマルアメリカンラット好きの変わり者にとっては非常に残念です。

よく言われるように温和な性格の個体が多いと言われますが、中には神経質で気が荒い個体も見受けられるようです。

しかし、黒いヘビってカッコイイ...

ちょっと変なトリミングの写真で申し訳ありません...この角度が一番カッコイイので、苦し紛れです。

赤っ恥をかかない程度の知識
  • アメリカのコモンラットスネークの基亜種
  • すべての個体が全身真っ黒になるわけではない
  • リコリススティックスやアルビノの方が多く流通する
  • コモンラットの中では気性は穏やかな方らしい
  • 飼育自体は容易
 

ブラックラットスネークの飼育方法

飼育の基本情報
〈飼育容器〉    
フタがしっかりとできるプラケース。高さの低いフラットプラケでも可。大きさはよく言われるようにヘビがとぐろを巻いたときの3倍程度以上の床面積があればよい。成体は活動的なので大きめのケースを使う。

〈温度〉    
特に保温の必要はない。

〈照明〉    
特に必要なし(爬虫類用の紫外線ランプ程度があるといいらしい)

〈床材〉    
ウッドシェイブなど。新聞紙やクッキングペーパーでも良いが潜ってしまう。

〈容器内レイアウト〉    
体全体が浸かるような倒されたりあふれたりしない水容器とシェルターを設置する。

〈餌〉    
マウスに餌付いている場合は大きさに合わせたマウスを置き餌にする。冷凍を解凍したものでよい。

〈基本的な世話〉   
  • いわゆるナミヘビの飼育方法
  • 脱皮前はそっとしておく
  • シェルターは脱皮の時のとっかかりになるようなザラザラした素材
など
※「飼育の基本情報」は「爬虫・両生類ビジュアルガイド ヘビ(誠文堂新光社)」および海外サイトを参考にしました。


【関連記事】


■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。