爬虫類・両生類ファンのみなさん、新年明けましておめでとうございます!今年も、AAJをどうかよろしくお願い致します。

さて新年も迎え、めでたい限りですが、こちらもめでたい!
そうです。この私、星野がガイドをつとめさていただいております「ペット(爬虫類・両生類)」もオープン後一ヶ月を迎えることができました!この間、みなさまに投票をお願いしていました「あなたの一票・あなたは何ファン?」も締め切らせていただきましたが、この結果どうやらAAJを見てくださっている方々は「カメファンが多い!」ということがわかりました。

そこで今回は私の爬虫類飼育の原点でもある「カメの魅力」について語ってみたいと思います。

▼やっぱりカワイイ!!

カメは爬虫類としては一般の方々に受けいられ易いのが何より特徴でしょう。ヘビを飼っていると「コイツは何者...?」とか思われますが、カメを飼っている、と言えばとりあえず場の雰囲気を壊すようなことはありません。この差は何?

そう。カメの最大の魅力は「カワイイ」こと。目がパッチリとしているところもカワイイし、何だか一生懸命ふんばっているようにも見える手足もカワイイ。餌に食いつこうとして何回も口をパクパクする所もカワイイですよね。人気のミシシッピアカミミガメ(「ミドリガメ」以下ミドリガメ)はきれいな模様がすでにカワイイのに最近では高価ではありますが「アルビノ」も出回るようになってきてますます人気に拍車がかかりそうです。

▼「長寿」は正解!「のんびり」は...?

カメを飼育していて楽しいな、と思うことは近付いていくと「餌くれ」とおねだりする所でしょうか。特に人馴れしやすいミドリガメなどは大暴れして餌をねだります。一般にカメは「のんびり屋」というイメージがありますが、餌をねだるときの奴らの動きの激しさはそんなイメージを払拭してくれること間違いなしです。

イメージといえば「カメは長寿」というのがあります。長寿の定義が難しいのですが、確かに大切に飼えば普通のペットの中では長生きでしょう。私が幼稚園のときに夜店で買ってきたミドリガメは結局23年間生きました。私事ですが、私が独立したときに実家の両親はそのミドリガメを「私」と思ってかわいがってくれたそうです。こんな風に長い付き合いができるからこそコンパニオンアニマルとして活躍できるわけです。