<INDEX>
外食カロリーコントロールのコツ…………1P
和食は素材のカロリーに着目!…………2P
洋食は隠れアブラに注意!……3P
中華は野菜メニューをチョイス……4P

外食カロリーコントロールのコツ

画像の代替テキスト
カロリーがわからないと、ダイエット中は不安。高いメニュー、低いメニューの傾向だけでも知っておきたいところ
日々の生活の中で避けて通れない、外食。お店選びだっていつも同じパターンとは限りませんよね。

ファミリーレストランなどのチェーン店でもない限り、各メニューにカロリー表示がない外食がほとんど。こういう時、ダイエッターの皆さんはどうしていますか?

カロリー表示のない外食の場合、チェックしたいのは次の項目。
  • 素材のカロリー……主素材をチェック。カロリー控えめのものをチョイスするのがキホン

  • 調理方法……カロリーが高いのは揚げ物や炒め物など多量に油を使うもの。逆に素材そのままに近い料理はカロリー控えめ

  • 1人前の量……少ないものをチョイスすれば安心
この中で特にわかりにくいのは素材や調理方法ですよね。

そこで今回は、カロリー表示がない外食店での賢いチョイス方法を、和洋中に分けてご紹介します。これがあればどんなお店であっても切り抜けられる!?ダイエット中の強い見方になること間違いなしです。

早速2ページでは和食系の料理での選び方のコツ、食べ方のコツをご紹介します!